ガジェット・エンタメ

Apple TVとFire TVの比較|Stick・新型・旧型の違い|地上波も一緒ならピクセラ

Apple TVとFire TVの比較|Stick・新型・旧型の違い|地上波も一緒ならピクセラ

Apple TVFire TVも非常に似たような製品です。

しかし、特徴が全く同じというわけではありません。

そこで当記事はApple TVとFire TVを比較していきます。

映画を自宅の大画面で楽しみたい方はぜひ参考にしましょう。

また地上波のテレビをご覧になりたい方は、ピクセラ「Smart Box Recorder Set」がおすすめです。

Apple TVとFire TVの比較

Apple TVとFire TVは現在、大きく分けて4種類もあります。

どのように比較するのがベストなのでしょうか。

以下のような組み合わせがおすすめです。

  • Apple TV 4KとFire TV Stick 4K
  • Apple TV(第四世代)とFire TV Stick

やはり境界線は4Kに対応しているか否かです。

4Kに興味のない方はコスパで決めるといいでしょう。

まずはApple TVとFire TVのできることをおさらいします。

Apple TVとFire TVのできること

Apple TVやFire TVは様々なコンテンツをご自宅の液晶テレビに映し出すことのできるツールです。

具体的には以下のようなコンテンツが楽しむことができます。

  1. 映画・ドラマ
  2. スポーツ
  3. ゲーム
  4. インターネット(YouTubeも含む)
  5. 音楽

つまりApple TVやFire TVを最大限に楽しむには、少なからずともコンテンツ課金やサービス登録が必要となってきます。

しかし、お金がかかるのはDVDレンタルショップも同じです。

レンタルショップで借りて返却する手間を考えたら、圧倒的に便利なのは言うまでもありません。

Apple TVがあれば、レンタルショップは卒業です。

Apple TV 4KとFire TV 4Kの機能はほとんど一緒

Apple TV 4KとFire TV 4K

4K対応のApple TVとFire TVを比較していきましょう。

  Apple TV 4K Fire TV Stick 4K
HDR(ハイダイナミックレンジ)対応  ◯  ◯ 
解像度  最大2160p(4K),60fps  最大2160p(4K),60fps
容量 32GB/64GB 8GB
価格(税別)  19,800円/32GB,21,800円/64GB 6,980円
処理性能 ◯ 
HDMIケーブル 必要(別売) 不要(ディスプレイに直接繋げる)

肝心な4Kに関する機能はほとんど一緒です。

そこで以下のような決め方をするといいでしょう。

  • 4K作品を都度レンタルするならApple TV 4K
  • iTunes以外で4Kを見るならFire TV Stick 4K

それぞれ解説します。

4K作品を都度iTunesでレンタルするならApple TV 4K

Apple TV 4K (32GB)

Apple TV 4K (32GB)

19,998円(11/19 06:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

iTunesはこれまでの動画を随時4Kにアップグレードすると発表しています。

よってお好きな作品を4Kで見たい方はApple TVにするといいでしょう。

iTunesなら、4K作品が今後もたくさん充実していくこと間違いありません。

iTunes以外で4Kを見るなら「Fire TV 4K」

新登場 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

6,980円(11/19 08:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

iTunesで都度レンタルするのは予算的に厳しい(1本500円)という方もいるはずです。

そのような方は見放題サービスを通じて4Kを見るしかありません。

しかし、見放題サービスでは未だ4K作品が少ないです。

それでも構わないというなら、格安のFire TV Stick 4Kを選びましょう。

Fire TVでiTunesを使うことはできませんが、Amazonなら近い将来4K作品を増やしてくれるに違いありません。

いずれにせよ、Fire TVもApple TVも4Kの再生機器としては同じくらい優れています。

決め手となるのは価格やコストの面です。

あまりお金をかけたくないのなら、「Fire TV 4K」を強くおすすめします。

Apple TV(第四世代)とFire TV Stickは価格も性能もまったく異なる

4Kに興味のない方はこちらの項目をチェックしましょう。

  • 価格
  • 処理速度
  • 容量(コンテンツの保存)

以上の切り口から比較していきます。

価格重視ならFire TV Stick

Apple TV(第四世代) 15,800円
Fire TV Stick 4,980円 

同等の機能であれば、できる限り安い方を買いたいところでしょう。

価格重視の方はFire TV Stickを選びましょう。

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

4,980円(11/19 08:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

処理速度ならApple TV

処理速度に関して結論づけると、以下の通りです。

  • Apple TV(第四世代)とFire TV Stickのスペックはほぼ同等
  • 体感的にはApple TVの方がサクサク

テレビにおける重要な点です。

テレビやレコーダーの番組表の反応が遅いとイライラします。

コンテンツを探すのにいちいちカクカクしていたらたまったもんじゃありません。

この処理速度に関していうと、スペック的にはFire TV Stickも「Apple TV(第四世代)」もほぼ同じです。

ただしAppleのパーツは最適化されており、能力が最大限に引き出されるのでかなり滑らかに操作できます。

これはAndroid携帯とiPhoneの両方を操作したことがある人ならわかるでしょう。

もちろん、Fire TV Stickも十分サクサク動いてくれるので過度の心配は無用です。

Apple TV HD (32GB)

Apple TV HD (32GB)

15,958円(11/19 06:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

容量(コンテンツの保存)は少なくても問題ない

Fire TV Stick 8GB
Apple TV(第四世代) 32GB

Apple TVとFire TVの価格差はこの容量差が大半を占めているといっても過言ではありません。

映画・ドラマ・アニメ鑑賞を目的に購入する方は8GBもあれば十分でしょう。

なぜなら端末にコンテンツを保存しておく必要がないからです。

AmazonもAppleもコンテンツをクラウドに保存しておくことができます。

Apple TVとFire TVのレビュー

Apple TVとFire TVをレビューしていきましょう。

まずはApple TVです。

Apple TVのレビュー

Apple TVを以下の切り口でレビューしていきましょう。

  • 映像
  • 使いやすさ(Siri Remote)
  • 4K作品の充実度(iTunes)

Apple TV 4Kを実際に使ってみました。

4K映像はBlu-rayディスク(フルHD)の2倍の解像度

4Kは単純計算で、Blu-rayディスク(フルHD)の2倍の解像度です。

映像は綺麗としか言い様がありません。

しかし、フルHDでも十分綺麗です。

そのような意味でも目が肥えた方ではないとあまり綺麗さに気づけないでしょう。

そこで差別化を計るのが「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能です。

「HDR」は画面をより明るく、なおかつ彩りを本来の色に近づけてくれます。

よってApple TV 4Kの持つ魅力を最大限引き出すにはHDR対応の4Kディスプレイが必要です。

もちろんHDR未対応の4Kディスプレイでも、画面の大きさだけで衝撃を受けるでしょう。

50インチ以上の大型ディスプレイで映像を見るにはやはり4K画質は必要です。

画面が大きくなればなるほど、画質は荒くなっていきます。

人工知能「Siri Remote」が使いやすい
Apple TV 4KとSiri Remote

Apple TV 4KはSiri Remoteという人工知能搭載のリモコンがあるからこそ非常に使いやすいです。

「4K作品が見たい」

なんていうお願いもSiri Remoteなら簡単に叶えてくれます。

しかもSiriは日々、賢くなっているので今後もどんどん使いやすくなるでしょう。

Apple TV 4Kは使いやすさ抜群です。

なお、昨今ではSiriだけでなくAmazonの人工知能「Alexa」も大活躍しています。

AmazonのFire TVにも「Alexa」が対応されました。

iTunesは4K作品が充実している

Apple TV 4Kを購入する最大の理由はiTunesで映画を購入できるからです。

AppleはiTunesのこれまでのHD作品を随時、4Kにアップグレードすると発表しています。

現時点では4K作品のラインナップが豪華とは言い切れませんが、それでもあらゆるサービスの中で一番豊富なのはiTunesでしょう。

様々な4K作品をiTuneで購入できるApple TV 4Kは非常におすすめです。

Fire TVのレビュー

Fire TVを実際に使ってみたレビューをお伝えします。

  • 処理速度(サクサク)
  • 4K作品の豊富さ
  • 音声認識リモコン

以上の切り口からレビューしていきましょう。

処理速度はサクサク動く快適さ

Fire TVの処理速度は高速で滑らかです。

映像はもちろんのこと、操作速度もストレスを感じることはありませんでした。

スペック上「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」のほうが高速ですが、Fire TV Stickでも十分サクサク動くでしょう。

4K作品の豊富さは多いとは言えない

実際のところプライムビデオの4K作品は豊富とは言い難いです。

課金してもいいから4K映画を観たいという方はApple TV 4Kがおすすめです。

Apple TVで利用できるiTunesは4K作品がかなり増えてきています。

Fire TVでiTunesを利用することはできません。

音声認識リモコン(Alexa対応)が便利

「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」に同梱のリモコンは音声認識タイプです。

加えて、Amazonの人工知能「Alexa(アレクサ)」に対応しています。

「アレクサ、4Kの番組を探して」

「アレクサ、おすすめの映画は?」

人工知能「Alexa(アレクサ)」に話しかければ、あらゆる悩みに応えてくれるでしょう。

Apple TVがFire TVでも使用可能に

これまでApple TVの機能はApple TVでしか利用できませんでした。

しかし、この度以下のようなデバイスでもApple TVがアプリとして使用できるようになります。

  • iPhone(2019年5月から)
  • iPad(2019年5月から)
  • Mac OS(2019年秋予定)
  • Fire TV(2019年秋予定)
  • SONY、LG、SAMSUNGのスマートTV(2019年秋予定)

最もインパクトが大きいのはやはりFire TVの対応でしょう。

低価格が魅力のFire TVでもApple TVが利用できるようになります。

地上波放送も観るならピクセラ「Smart Box Recorder Set」がおすすめ

Apple TVやFire TVには地上波のテレビが観れないという弱点があります。

当然番組の録画もできません。

そこでおすすめなのが、ピクセラ「Smart Box Recorder Set」です。

ピクセラ「Smart Box Recorder Set」には以下のような特徴があります。

  • 「Android TV™」搭載
  • テレビ番組視聴・録画ができる
  • レコーダーユニットが付属
  • 4K・HDRに対応
  • 対応していないアプリもある

それぞれの特徴について解説していきましょう。

「Android TV™」搭載

ピクセラ「Smart Box Recorder Set」には「Android TV™」が搭載されています。

「Android TV™」が搭載されているので、YouTubeをはじめとしたアプリケーションを楽しむことが可能です。

もちろんYouTubeだけでなく、ゲームや音楽も楽しめます。

しかし「Android TV™」の搭載だけなら、わざわざ「Smart Box Recorder Set」を選ぶ必要はないでしょう。

テレビ番組視聴・録画ができる

ピクセラ「Smart Box Recorder Set」を選ぶ理由は、テレビ番組の視聴と録画ができるからです。

この機能はApple TVやFire TVにはついていません。

さらに1TBのHDDが搭載されているので、最大で1,388時間もの録画をすることができます。

加えて2番組同時録画機能付きです。

テレビ機能のついていない4Kモニターや4Kディスプレイとかなり相性の良い製品となっています。

レコーダーユニットが付属

「Smart Box Recorder Set」は以下の2つがセットになった商品です。

  • PIXELA Smart Box(KSTB5043)
  • Smart Box Recorder Unit (PIX-SMB100-OP)

どちらも別売りされています。

テレビ番組の視聴と録画を利用しないのであれば、セットではなく「PIXELA Smart Box」を単品で選びましょう。

しかし「PIXELA Smart Box」だけなら、基本的に「Android TV™」の機能しか利用できないのであまりおすすめできません。

「Android TV™」は対応しているアプリでApple TVやFire TVに敵わないからです。

4K/HDRに対応

「PIXELA Smart Box」は4K/HDRに対応しています。

「PIXELA Smart Box」に搭載の「Android TV™」はGoogle Play で映画を購入できるので、その際に4K作品を楽しむことができるでしょう。

他にはYouTubeに4Kでアップロードされた作品も楽しむことが可能です。

もちろん4K/HDRに対応しているテレビ・モニターのあることが前提となります。

対応していないアプリもある

「PIXELA Smart Box」は対応していないアプリがあり、例えばNetflixに対応していません。

Netflixがどうしても観たい方は、「PIXELA 4K Smart Tuner」がおすすめです。

「PIXELA 4K Smart Tuner」は「Android TV™」の搭載はもちろんのこと、Netflixも視聴することができます。

またBS・CSの4K放送や地上波放送にも対応しており、録画機能もついています。

しかし録画する場合は外付けのHDが必要で、複数同時録画にも対応していません。

その点、1TBのレコーダーが搭載されており、2番組同時録画できる「PIXELA Smart Box」は優れています。

いずれにしても、Netflixを視聴するなら「PIXELA 4K Smart Tuner」がおすすめです。

Netflixを観ない方は、価格と相談して決めると良いでしょう。

なお筆者は「PIXELA 4K Smart Tuner」を購入しました。

「PIXELA 4K Smart Tuner」はサクサク動き、地上波もNetflixもラクラク切り替えられるので、かなり良い買い物をしたと感じています。

「PIXELA 4K Smart Tuner」の中身
「PIXELA 4K Smart Tuner」のリモコン
「PIXELA 4K Smart Tuner」の本体
「PIXELA 4K Smart Tuner」のパンフレット
※現在はNetflixのキャンペーンは終了しています。

Apple TV 4K(新型)とApple TV(第四世代)の比較

Apple TV 4K

Apple TV 4Kと旧型の違いはどのようなものなのでしょうか。

それは以下の通りです。

  • 価格と容量
  • 映像
  • 処理性能

具体的に見ていきましょう。

価格は約4,000円の差

  32GB 64GB
Apple TV 4K 19,800円 21,800円
Apple TV(第4世代) 15,800円

Apple TVの場合、端末に保存するのはアプリケーションくらいなので32GBあれば十分です。

しかしApple TV 4Kの場合はたったの2,000円しか変わりません。

2,000円しか変わらないのであれば、容量が2倍の64GBを選んだ方がいいでしょう。

Apple TV 4Kと「Apple TV(第四世代)」はおよそ4,000円も価格差があります。

4K映像が視聴できる環境のない方は「第四世代」もおすすめです。

映像は4Kの方が高画質

  Apple TV 4K Apple TV(第四世代)
HDR(ハイダイナミックレンジ)対応 ◯  ×
解像度 最大2160p(4K),60fps  最大1080p(フルHD),60fps

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応があれば、より明るくより本来の色に近づけることができます。

旧型の「Apple TV(第四世代)」はフルHDまで対応しています。

fpsはフレームレートといい、画像のヌルヌル感を示す数値です。

この数値はお互いに同じなので、どちらもリアルに近い描写を感じることができるでしょう。

処理性能が高いのはApple TV 4Kでサクサク動く

処理性能に関しては中身のチップの性能が向上しているのでApple TV 4Kの方が上です。

単純計算で約2倍、処理性能が向上しています。

したがって映像も操作画面もよりサクサク動くのはApple TV 4Kです。

Fire TV Stick 4KとFire TV Stickの比較

Fire TV 4Kの商品写真

Fire TVは以下の2種類が販売されています。

  • Fire TV Stick 4K
  • Fire TV Stick

両者を比較していきましょう。

  Fire TV  Stick 4K/HDR対応 Fire TV Stick
価格 6,980円 4,980円
4K・HDR ×
解像度 最大60fps・2160p(4K Ultra HD) 最大60fps・1080p(フルHD)
処理速度  クアッドコア 1.7 GHz クアッドコア 1.3 GHz
メモリ 1.5GB 1GB
有線接続
micro SD × ×
容量 8GB 8GB

それぞれの項目を解説します。

価格は「Fire TV  Stick 4K/HDR」対応の方が高い

価格に関しては、「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」の方が高いです。

少しでもお得に購入したい方はFire TV Stickを選びましょう。

ただし、数千円しか変わりません。

「Fire TV Stick  4K/HDR」は解像度が高い

残念ながら、お得なFire TV Stickは4K・HDRに対応していません。

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応があれば、より明るくより本来の色に近づけることができます。

fps(フレーム毎秒)は数字が高ければ高いほど、映像がヌルヌルと動きます。

fps(フレーム毎秒)に関してはどちらも同じ数値なので、気にすることはありません。

60fpsという十分なほどの滑らかさです。

処理速度はメモリの容量が多い「Fire TV Stick – 4K/HDR」のほうが早い

処理速度は「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」の方が高いです。

たしかにFire TV Stickもコアの枚数が多いので能力は高いでしょう。

しかし周波数とメモリの容量で劣るので、「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」には敵いません。

よりサクサクとした早い処理速度をお求めの方は「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」を選びましょう。

有線接続はどちらのモデルもアダプタが必要

4Kを視聴するには高速インターネットが必要です。

有線接続しなければいけない方もいらっしゃるでしょう。

しかしFire TV Stickだけでなく「Fire TV Stick – 4K・HDR 対応」モデルもそのままでは有線接続できません。

もし、有線接続する必要がある方はアダプタの別途購入が必要です。

Amazon イーサネットアダプタ

Amazon イーサネットアダプタ

1,780円(11/19 08:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

micro SD / 容量はどちらのモデルも同じ8GB

容量はどちらも8GBなので同じです。

また旧型のFire TVはmicro SDに対応していましたが、現在販売されているモデルではどちらも利用できません。

しかし、Amazonで購入した全てのコンテンツはクラウドに無料で保存できるので心配いらないでしょう。

8GBもあればアプリを入れておくのに十分です。

以上、Fire TV Stick 4KとFire TV Stickの比較でした。

基本的な違いはやはり「4K・HDRに対応しているか」でしょう。

4Kに興味のない方はFire TV Stickをおすすめします。

  • 価格重視の方はFire TVシリーズがおすすめ
  • 4Kの作品数重視の方はApple TV 4Kがおすすめ
NetflixとHuluの比較!日本未上陸の最新おすすめ動画配信サービスも知っておこう!
NetflixとHuluの比較!日本未上陸?最新のおすすめ動画配信サービスも知っておこう! 「Hulu(フールー)」「Netflix(ネットフリックス)」は大人気の動画配信サービスです。 しかし、おすすめの動画配信サービス...
この記事を書いた人
ユータアライ
ユータアライ
キュリーの編集長兼代表です。小さなブログからスタートし、会社になってしまいました。商品やサービスの比較ならお任せください!

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。