ペット

犬用ハウスの比較|犬小屋・ケージ(クレート)・サークル・ゲートの違いとは?

https://curiecorp.co.jp/sports-bottle/

最近は屋外で犬を飼う家庭は減ってきましたが、犬をお庭で飼う場合には犬小屋が必要になります。

また室内で飼う場合にも、ケージやサークルなど愛犬だけの場所があると良いでしょう。

犬のハウスと言っても犬小屋やケージ、サークル、ゲート、クレートなど様々な種類があります。

今回は犬のハウスの必要性と種類の違い、またどう選べばよいのかみていきましょう。

目次
  1. 室内犬にハウスは必要?
  2. 犬用ハウスの種類と呼び方
  3. おすすめケージ(クレート)の比較
  4. おすすめゲートの比較
  5. おすすめサークルの比較
  6. おすすめの犬小屋の比較

室内犬にハウスは必要?

我が家の愛犬が子犬の時はケージで寝かせてましたが、ある時布団で一緒に寝たらケージに入らなくなってしまいました。

普段は足元にひっついていて寝るときも同じ布団で寝るようになったので、成犬になってからはケージを畳んで使わなかったです。

なので必ずしも必要だとは思いませんが、犬によってはケージがあった方がくつろげます。

犬の先祖である狼は、敵から身を守るために上下横が囲われるよう斜面に穴を掘って寝床にしていたそうです。

犬もその習性を受け継いでいるので、狭い場所を好むと言われています。

室内で飼い主と共に過ごしていても、地震や雷など突発的な恐怖から身を守るために安心できる居場所があった方が犬にとっては良いでしょう。

犬によって使う使わないはあるでしょうが、犬を飼い始めたらケージやサークルは用意しておきましょう。

犬用ハウスの種類と呼び方

犬用のハウスには様々な種類があり、呼び方もお店や人によって異なります。

まずは犬用ハウスにはどんな種類があるのか見ていきましょう。

  • ケージ(クレート)
  • サークル
  • ゲート
  • 犬小屋

それぞれ見ていきます。

ケージ(クレート)

床と屋根があり四方を柵で囲われている檻のようなものを、ケージやクレートと呼びます。

日本では一般的にはケージと呼ぶことが多いですが、海外ではドッグクレートと呼ぶのが一般的です。

ケージのことを「ゲージ」と呼ぶ人もいますが、ただ日本語として発音がしやすいから濁音で言う人がいるだけだそうな。

ケージは入口が閉められるので脱走する心配がなく、小型犬であれば旅行にもそのまま連れていけます。

また災害時の避難所ではケージにペットを入れなければならないルールがある場合が多いので、普段からケージに入ることを慣らせておくと良いでしょう。

ケージは立ち上がったときと伏せをした時に足が外に出ず、方向転換もゆとりを持ってできる大きさが良いとされています。

成犬になった時の大きさを予想してケージを選ぶと良いでしょう。

サークル

屋根が付いていない柵のことをサークルといいます。

サークルは室内でも屋外でも、様々な使い方が出来るでしょう。

サイズ展開が豊富で小さいものを選べば室内でのハウスとしても使えますし、大きいものならプレイスペースとして使えます。

屋根が付いていないので掃除がしやすいのですが、ジャンプ力がある子の場合には脱走する恐れがあるのがデメリットです。

脱走ができないよう充分高さがあり、余裕を持って方向転換ができる大きさを選びましょう。

ゲート

ゲートは、家の中で犬が入ってはいけないエリアや出てはいけない場所に設置する柵です。

具体的には部屋から出ないよう設置したり、キッチンに入らないよう出入り口に設置したいりします。

我が家では愛犬がストーブにくっついてしまうため、近寄りすぎないようにストーブの前にゲートを設置していました。

ゲートには突っ張りタイプや据え置きタイプなど様々なものがあり、インテリアに合うよう色や形も豊富です。

愛犬が飛び越えられないくらいの高さで、体当りして倒れないくらい丈夫なものを選びましょう。

犬小屋

アイリスオーヤマ ウッディ犬舎 ブラウン W76×L84×H78.5cm

アイリスオーヤマ ウッディ犬舎 ブラウン W76×L84×H78.5cm

7,891円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

屋外で犬を飼うのであれば、犬小屋が必須です。

雨風をしのげ、暑さや寒さ対策ができるものを選びましょう。

入口にも屋根がついているものなら、中まで雨が吹き込むのを防ぎやすいです。

入口にビニールや雨よけを付ける方法もあります。

湿気対策するのなら、底面が薄くなく地面にふれていないものがおすすめです。

犬小屋の中でぐるっと一周できるくらいの大きさが犬にとって安心できると言われています。

プラスチック製はリーズナブルで、スチール製は頑丈です。

最も快適に過ごせるのはダントツで木製だと言われています。

おすすめケージ(クレート)の比較

それではケージ(クレート)を商品毎に比較します。

  • WEIMALL|折りたたみ ペットケージ
  • マルカン ドッグフレンドルーム 天面フェンス付
  • マルカン ドッグフレンドルーム 天面フェンス付
  • アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ Lサイズ
  • ナチュラルワン トイレルーム付おやすみケージLL
  • アイリスオーヤマ ルームケージ
  • Amazon ベーシック折りたたみ式ペットケージ シングルドア

一般的に部屋の中で使うものですので、インテリアと合うかもポイントです。

WEIMALL|折りたたみ ペットケージ

価格重視の方はWEIMALLの折りたたみペットケージがおすすめです。

WEIMALLは工場直販価格で販売している通販サイトなので、より安価に入手することができます。

WEIMALLのペットケージは工具不要で組み立ても簡単です。

折りたたみ式なので、移動や収納の際にも便利でしょう。

WEIMALLのペットケージはM(小型犬)・L(中型犬)・XL(大型犬)・XXL(大型犬)とサイズも豊富です。

ペットケージの種類も豊富なので、ぜひ一度公式サイトもご覧になってみてください。

折りたたみペットケージに関しては公式サイトの方が低価格となっています。

折りたたみペットケージ|WEIMALL

マルカン ドッグフレンドルーム 天面フェンス付

マルカン ドッグフレンドルーム 天面フェンス付 犬用

マルカン ドッグフレンドルーム 天面フェンス付 犬用

4,115円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「マルカン ドッグフレンドルーム 天面フェンス付」は、コスパがよく満足度の高い金網ケージです。

トレーに凹凸があり、フェンスをこの窪みにはめ込み設置します。

トレーは丸洗い出来るので掃除はしやすいです。

ドアのロック部分は、隙間ができないように設計されているため脱走もしにくいでしょう。

とてもシンプルなケージです。

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ 

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ ブラウン L サイズ

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ ブラウン L サイズ

3,655円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ Lサイズ」は、折りたたみができるので持ち運びに便利です。

外出先や旅行先でも使えますし、使わなくなったとしても収納がかさばりません。

メッシュ素材で通気性が良く、入口はくるくると巻いてテープで固定できるので快適に使えるでしょう。

中の様子も見えるので安心です。

コスパも良いのでお出かけ用に持っておくのも良いでしょう。

ナチュラルワン トイレルーム付おやすみケージLL

トイレルーム付おやすみケージLL オールホワイト

トイレルーム付おやすみケージLL オールホワイト

24,990円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「ナチュラルワン トイレルーム付おやすみケージLL」は、お部屋に馴染みやすいデザインでインテリアとしてもおしゃれに使えるでしょう。

床面積は広いですが、高さはあまりないので背の低い犬におすすめです。

ケージ内にトイレスペースを設置するための仕切りが付属されています。

トイレを置いてもスペースは十分なので、お留守番用としてのケージとしても使えるでしょう。

アイリスオーヤマ ルームケージ

「アイリスオーヤマ ルームケージ」は、底面にキャスターが付いています。

持ち上げることなく楽々移動できるので、頻繁に移動させたい方におすすめです。

ストッパーがついているので、普段は動かないようにできます。

蓋が取り外せないのが難点ですが、扉が広く開くので掃除はしやすいでしょう。

Amazonベーシック折りたたみ式ペットケージ シングルドア

「Amazonベーシック折りたたみ式ペットケージ シングルドア」は、二重ロックのドアでしっかり脱走を防止できます。

やんちゃな小や頭が良くロックを外してしまう子なんかにおすすめです。

頑丈で丈夫に作られており、通気性も抜群なので人気があります。

折りたためるので使わなくなったら収納にも困りません。

また、仕切りパネルがついているので愛犬の成長に合わせてケージの大きさを調節できます。

おすすめゲートの比較

続いて人気のゲートを見ていきましょう。

  • PETSELECT|おくだけとおせんぼ ウォークスルー
  • ワンモード ペットゲート
  • リッチェル ペット用 木製おくだけドア付ゲート
  • スチールペットゲート
  • スタイルプラス(STYLE PLUS) 伸縮ペット用ゲート
  • アドメイト ヴィラフォートゲート
  • 山善(YAMAZEN)ガーデンマスター アコーディオンラティス

ドア付き、またぐタイプなど様々にあります。

PETSELECT|おくだけとおせんぼ ウォークスルー

ペットゲート おくだけとおせんぼ ウォークスルーS

ペットゲートは場所を取り、時にはまたぐ必要があるので不便です。

しかし、PETSELECTの「おくだけとおせんぼ ウォークスルー」ならその心配が要りません。

「おくだけとおせんぼ ウォークスルー」には以下のような特徴があるからです。

  • 押すだけで簡単に開くドア
  • 自動で戻るオートアシスト機能
  • ワンちゃん側からは通れない1WAY機能
  • 置くだけの簡単設置
  • 幅調節可能(Sサイズ65〜90cm、Lサイズ137cm〜190cm)
  • 折りたたんで持ち運びや収納がラクラク

上記のような特徴があるからこそ、場所を取らずフェンスもまたぐ必要がありません。

この商品のポイントはやはり、ワンちゃん側からは通れない一方通行となる1WAY機能です。

1WAY機能(片開き)は両開きに切り替えることもできるので、不便に感じることもないでしょう。

外出時や目を離す時はスライドロック機能によってゲートを閉じれるので安心です。

快適で便利なペットゲートをお探しの方はPETSELECTの「おくだけとおせんぼ ウォークスルー」をおすすめいたします。

PETSELECTは、ベビーメーカーの「日本育児」が手掛けるブランドです。

ワンモード ペットゲート

ペットゲート JPG-105A ★幅約107~196cm★ (ブラウン/ブラック)

ペットゲート JPG-105A ★幅約107~196cm★ (ブラウン/ブラック)

6,980円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「ワンモード ペットゲート」は、高さがあるゲートではなく横に広いワイドタイプなので小型犬のいる家庭におすすめです。

広い場所にも設置できます。

サイズ展開はS、M、Lがあり置く場所によってサイズが選べるのが嬉しいです。

カラーはブラウンとホワイトの2種類で、作の色はブラック、シルバー、ホワイトの3種類があります。

またげる高さで、見た目的にもさほど邪魔に感じないでしょう。

リッチェル ペット用 木製おくだけドア付ゲート

リッチェル ペット用 木製おくだけドア付ゲート L

リッチェル ペット用 木製おくだけドア付ゲート L

8,900円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「リッチェル ペット用 木製おくだけドア付ゲート」は、珍しいドア付きなのでまたがなくても通れます。

側面のパネルが可動するため、間仕切りがしっかりできるでしょう。

工具を使わずとも簡単に角度調整ができるのも便利です。

置く場所に合わせて幅を調節でき、サイズはS、M、Lがあります。

スチールペットゲート

「スチールペットゲート」は、コスパが良く機能性も良いので人気があるゲートです。

片手でオープンでき前後両開きなので、またがず通れます。

オートロックでダブルロックなので、脱走を防げるでしょう。

高さは78cmあるので、やんちゃな子でも飛び越えにくいです。

色はホワイトでシンプルなのでインテリアとも合わせやすく、目障りになりません。

スタイルプラス(STYLE PLUS) 伸縮ペット用ゲート

「スタイルプラス(STYLE PLUS) 伸縮ペット用ゲート」は、天然木が使われおりおしゃれで温かみが感じられるゲートです。

高さは50cmなので、超小型犬に向いています。

余裕で曲げる高さで、置く場所により脚を3パターンに変化できるのも便利です。

カラーはブラウン×ブラック、ホワイト×シルバーの2種類があります。

アドメイト ヴィラフォートゲート

アドメイト ヴィラフォートゲート 犬用 レギュラー

アドメイト ヴィラフォートゲート 犬用 レギュラー

9,032円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「アドメイト ヴィラフォートゲート」は、シックな黒色でシンプルなデザインのゲートです。

かっこいいインテリアとの相性が良いでしょう。

超小型から小型犬の飛び出し防止に役立ちます。

横幅は自由に調節でき、比較的広いところにも使えるワイドタイプです。

固定タイプと据え置きタイプがあるので、好みで選べます。

天然木材で出来ているので、温かみがあり噛み付いても安心です。

山善(YAMAZEN)ガーデンマスター アコーディオンラティス

「山善(YAMAZEN)ガーデンマスター アコーディオンラティス」は、天然木で出来た伸縮タイプのゲートです。

アーチのフォルムが可愛らしく、アンティークや木製のインテリアとも相性が良いでしょう。

室内はもちろん、屋外でも使えます。

高さは73cmあるので、またぐのではなくどかして通る感じです。

おすすめサークルの比較

人気がありよく売れているサークルは以下の通りです。

  • リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル
  • アイリスオーヤ マコンビネーションサークル わんこ向けトイレトレーニングセット
  • リッチェル 木製3WAYサークル
  • ottostyle.jp 折りたたみ八角形ペットサークル 
  • ペティオ トイレのしつけが出来るドッグルームサークル
  • アイリスオーヤマ ウッディサークル ナチュラル ペット用

底面にトレーがあったり増設できるものが人気があります。

リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル

リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル 90cm x 60cm ブラウン

リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル 90cm x 60cm ブラウン

5,818円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「リッチェル ペット用 お掃除簡単サークル」は、下にトレーがついているタイプです。

サークルを動かさなくても下の隙間からトレーを引き出せる仕様なので、お掃除がしやすいでしょう。

トイレトレーも一緒に引き出せます。

サークルの下部はプラスチックになっているので拭き掃除もしやすく錆びにくいです。

扉がついているので愛犬が自分で出入りできます。

アイリスオーヤマ コンビネーションサークル わんこ向けトイレトレーニングセット

「アイリスオーヤマ コンビネーションサークル わんこ向けトイレトレーニングセット」は、犬の成長に合わせて新たに増設することができます。

子犬の時に成犬になった際の大きさが予想できないミックス犬などは、このように増設できるタイプのサークルがおすすめです。

横に増設できるだけでなく、縦にも増設できるのでジャンプ力が飛躍した場合にも対応できるでしょう。

出入り口もついているので、出入りも自由にできます。

リッチェル 木製3WAYサークル

リッチェル ペット用 木製3WAYサークル 6面90H ブラウン

リッチェル ペット用 木製3WAYサークル 6面90H ブラウン

38,290円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「リッチェル 木製3WAYサークル」はサークルとして、仕切りとしてもゲートとしても使うことができます。

来客の際は仕切りやゲートとして使い、普段はサークルとして使うことができ便利でしょう。

パネルははめ込むだけで固定でき、組み立てるのは簡単です。

ドアの位置を変更できるので、置き方を選びません。

パーツを購入すればサイズを大きくすることもでき、トレーや屋根も販売されています。

しっかりと頑丈な作りなので、安心して使えるでしょう。

ottostyle.jp 折りたたみ八角形ペットサークル 

「ottostyle.jp 折りたたみ八角形ペットサークル Lサイズ グリーン」は、折りたたみ式のサークルで持ち運びにとても便利です。

アウトドアにも、来客時にもサッと広げて使うことができます。

使わないときは畳んで、家具の間など隙間にしまえるので場所をとりません。

側面はメッシュで出来ているので、通気性は抜群です。

外側にはポケットなどもついているので、愛犬のちょっとしたグッズをしまえます。

ペティオ トイレのしつけが出来るドッグルームサークル

「ペティオ トイレのしつけが出来るドッグルームサークル」は、トイレトレーニングをさせる際に便利なサークルです。

ドア付きの仕切りと突起がついてるトレーで、トイレスペースが分かれています。

トイレの場所を覚えやすいので、失敗がしにくくなるので子犬におすすめです。

仕切りを取り外すことができるので、成長したりトイレを外でするようになったらスペースを広げることができます。

別売りですが専用の屋根も販売されているので、のちのちケージとして使いたくなった場合にも便利です。

アイリスオーヤマ ウッディサークル ナチュラル ペット用

「アイリスオーヤマウッディサークル ナチュラル ペット用」は、木目調でインテリアに合わせやすいということで人気があります。

サークルは金網が圧迫感があり、なかなかインテリアに溶け込むデザインが少ないです。

こちらのゲージは白と木目調ですっきりとした印象で可愛い部屋にも合います。

トレーは滑りにくいので、愛犬の足腰に優しいです。

おすすめの犬小屋の比較

最後に屋外で愛犬を飼っている方に向けて、おすすめの犬小屋を見ていきます。

  • フジモク ウッディ犬舎
  • アイリスオーヤマ ログ犬舎
  • PrecisionPet エクストリームログキャビン
  • アイリスオーヤマ ボブハウスM
  • TRIXIE ナチュラドッグケンネルフラットルーフ
  • リッチェル木製犬舎

それぞれ見ていきましょう。

フジモク ウッディ犬舎

アイリスオーヤマ ウッディ犬舎 ブラウン WDK-600

アイリスオーヤマ ウッディ犬舎 ブラウン WDK-600

7,136円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「フジモク ウッディ犬舎」は、部品が届き自分で組み立てるタイプの犬小屋です。

北海道産のトドマツやカラマツが使われたフジモクの犬小屋は、素材が素晴らしく塗料や屋根材にも拘られています。

国産の屋外用木材保護着色剤が塗料に使われており防腐や防カビ、防虫、撥水性に期待できるでしょう。

屋根材はアスファルトシングルが使われており、耐久性が抜群で雨が降っても染み込んできません。

足元にはアジャスターがついており湿気対策も万全です。

ガタガタと揺れないので安定して使えますしコスパも良いので、人気があります。

アイリスオーヤマログ犬舎

アイリスオーヤマ ログ犬舎 ダークブラウン W60×L74.5×H68cm

アイリスオーヤマ ログ犬舎 ダークブラウン W60×L74.5×H68cm

9,222円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「アイリスオーヤマログ犬舎」は、天然木でできたログハウス風の犬小屋です。

アジャスターがついており、凸凹したお庭でもガタつかず設置できます。

雨漏りしないよう屋根もしっかりできており、丈夫なので強い風でも倒れません。

全天候に対応し、愛犬が快適に過ごせるように設計されています。

見た目もおしゃれなので、お庭をおしゃれに飾ってくれるでしょう。

PrecisionPet エクストリームログキャビン

「PrecisionPet エクストリームログキャビン」は、アメリカで人気のブランドでログハウス風の犬小屋です。

屋根には特殊な塗料が施されており緩やかに傾斜もあるため、雨水がゆっくり流れ落ちてくれます。

地面と床との間には隙間があるので、湿気対策もされていて夏でも快適です。

またCARB compliantという厳しい検査をクリアしているので、アレルギーがある愛犬でも使えます。

中は広いのでゆったりできますし、大きなワンちゃんに良いでしょう。

アイリスオーヤマ ボブハウスM

アイリスオーヤマ ボブハウス M レッド/オフホワイト

アイリスオーヤマ ボブハウス M レッド/オフホワイト

4,273円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「アイリスオーヤマ ボブハウスM」は、全体がプラスチックでできておりとても軽いです。

丸洗いできるので衛生的でしょう。

両側と後ろは通気窓となっているので、湿気がこもらず過ごせます。

床は2重パネルになっているのでガタつきません。

床に砂を敷けるようになっているので、愛犬が過ごしやすいでしょう。

TRIXIE ナチュラドッグケンネルフラットルーフ

「TRIXIE ナチュラドッグケンネルフラットルーフ」は、ドイツの木製犬小屋で屋根が開閉できとっても便利です。

床板を取り外すこともできるので、掃除のしやすさで選ぶのならこの製品が一番でしょう。

晴れた日には屋根を開いて、天日干しでき衛生的です。

天然松が使われており素材が良く、屋根は雨風をしのげるようアスファルトが使われてます。

頑丈な作りでお手入れもしやすいので10年単位で使えると人気です。

リッチェル木製犬舎

リッチェル 木製犬舎 940(94.5×112×100cm)

リッチェル 木製犬舎 940(94.5×112×100cm)

18,500円(03/31 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「リッチェル木製犬舎」は、天然木が使われたおしゃれな犬小屋です。

屋根は防水できるアスファルトでできており、どんな天気にも対応しています。

三重構造の屋根なので、水が内部に入る心配はありません。

足元にはカバーがついており、腐食を防いでくれます。

ステイン塗装で木製の感じが優しく、デザインも人気です。

料ですが、次の年からは年間1,000円で更新することができます。

  1. ケージ(クレート)は、床と屋根があり四方を柵で囲われている檻のようなもので災害時の避難所ではいれる必要があるため慣れておくと良い
  2. サークルは、屋根のついていない柵のことで十分な高さがあり余裕を持って方向転換できるものが良い
  3. ゲートは、家の中で犬が入ってはいけないエリアや出てはいけない場所に設置する柵
  4. バリケンは、アメリカのペット用品メーカーバリケンネルから販売されているクレートの商品名で天井に取っ手がついており車や飛行機での移動にも使える
  5. 犬小屋は、屋外で犬を飼うなら必ず必要

 

この記事を書いた人
NaNa榎戸
NaNa榎戸
インディーズバンドReptileのベースNaNa榎戸です。 ブロガー、動画配信など様々な活動をしています。 将来の夢はムツゴロウさんみたいな動物王国を作ること!

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。