ペット

犬用リードの比較!ハーネスとどっちがおすすめ?複数種類を使い分けよう!

犬用リードの比較!ハーネスとどっちがおすすめ?複数種類を使い分けよう!

愛犬家の皆さん!リードはどんなものをお使いですか?

犬のリードには様々なものがあります。

キラキラした物、ツルツルしてる物、革でシックなものetc…

飼い主さんの好みで選ぶのも良いですが、愛犬の大きさや犬種によっても最適なものが異なります。

飼い主の意思を愛犬に伝えるためのものでもあるので、愛犬に合うものをこだわって選ぶと良いでしょう。

今回は犬用リードの種類を比較し、選び方をご紹介します。

犬用お散歩リードの選び方!

犬用お散歩リードを選ぶ際のポイント以下の通りです。

  • 種類
  • 太さ
  • 長さ
  • 材質

それぞれを項目ごとに比較していきます。

種類の比較!目的によって選ぶ

犬用リードの種類は、用途によって選ぶと良いでしょう。

散歩ようなのかトレーニング用なのか、目的によって最適なものが異なります。

  • スタンダードリード
  • 巻き取り式
  • トレーニングリード
  • ファンクションリード

それぞれ見ていきましょう!

スタンダードリード

飼い主の持ち手となる取っ手がついており、反対側は犬の首輪やハーネスにつけられるよう金具がついている一般的なリードです。

スタンダードリードは、普段の散歩の時に使います。

長さは様々なものがありますが、120cmから150cmくらいが一般的です。

素材やデザインの種類が多く、飼い主さんの好みによって選べます

ハーネスや首輪とのセットで買うとお得です。

うちの愛犬もスタンダードリードを使っていました。

↑散歩から帰りたくなくて踏ん張るの図。

この子はグイグイ先を歩くタイプではなく足の横にひっついて歩くタイプだったので、スタンダードリードだけあれば十分です。

帰りは必ず歩くの嫌々が始まるので、首輪よりもハーネスの方が引っ張りやすく便利だでした。

巻き取り式

手元のハンドルにスイッチがついており、リードをんばしたり巻き戻したりすることができます。

公園や広場など犬の意思で好きなところに歩かせられる場所で使用するのに良いでしょう。

目的地に着くまでは巻き取って短くしておき、目的地についたら犬の意思に合わせて伸ばしてあげるという使い方です。

街中でのお散歩では危ないので、スイッチは切って短くして使いましょう。

スイッチを押してしまう恐れのある方は、街中では使わない方が良いです。

また私は子供のころ巻き取り式リードでハスキー犬が走り回っているところ、膝の裏にリードが勢いよくスレてしまい怪我したことがあります。

巻き取り式リードは金属のことが多く、スレると結構な怪我になりますので公園だとしても人がいる場合は気をつけましょう。

同じキャバリアキングチャールズスパニエルでも友人の愛犬は、グイグイと好奇心旺盛な子だったので巻き取り式を使っていました。

公園など広い場所なら、リードを外してあげられないとしても比較的伸び伸びと行動ができます。

トレーニングリード

トレーニングリードは、その名の通り愛犬をトレーニングする際に使います。

トレーニングリードにも様々なものがありますが、一般的には「ロングリード」のことを呼ぶことが多いでしょう。

6mや10m、長いものだと25mを超えるものまであります。

コントロールが難しいので、街中でのお散歩では使えません。

広い公園や広場でトレーニングする際に使いましょう。

犬と距離を取ることができるので、「待て」や「おいで」の練習に使います。

小型犬には長すぎてリードが重くなってしまうため、中型から大型犬のトレーニングに使われることが多いようです。

また「ロングリード」とは違い、長さは一般的なスタンダードリードと同じですが取っ手が2つ付いており街中でのお散歩をトレーニングするリードなんかもあります。

ファンクションリード

「ファンクションリード」は、様々な機能のあるリードです。

ロープのようになっており長さを調節できます。

スタンダードリードとしても使えますし、しつけ用のショートリードとしても使えて便利です。

一時的に愛犬を繋いでおくのにも使えます。

また普段使っているスタンダードリードと合わせて使うことで、タスキのように肩からかけて両手を自由にすることもできるので買い物やスマホ操作などの時にあると便利でしょう。

様々な種類が出ているので、好みのある色や素材がきっと見つかります。

最近人気のあるタイプです。

太さを比較!適正体重で選ぶ

リードの太さは、愛犬の大きさにあったものを選ぶ必要があります。

リードには犬の適正体重が設定されており、基本的に細いものは体重の軽い犬用で太いものは体重の重い犬用です。

リードの太さに関しては太い方が握りやすいだとか、細い方がカッコイイとかの飼い主さんの好みでは選べません。

大きな犬が小型犬用の細いリードを使うと、千切れたり事故に繋がる恐れもあります。

リードを選ぶ際は、適正体重をチェックしましょう。

長さを比較!用途で選ぶ。

リードの長さは、用途によって異なります。

どのくらい愛犬を自由にさせたいかと、使用する場所によって選ぶものが異なるでしょう。

リードの長さは、以下のようなタイプがあります。

  • ショートタイプ
  • スタンダードタイプ
  • ミドル・ロングタイプ

それぞれの用途を見ていきましょう。

ショートタイプ

ショートタイプは、やんちゃで引っ張り癖がある愛犬を躾けるために使います。

短いので体に犬をぴったりそって歩かせることができ、愛犬の動きをコントロールするのに便利です。

犬が急走りだした場合に長いリードを使っていると、飼い主が怪我をする恐れや手から離れて事故が起きてしまうこともあります。

躾けがまだ完全でない場合には、ショートタイプを使うと良いでしょう。

スタンダードタイプ

「スタンダードタイプ」は、一般的なリードの長さで100mから150cmほどの物のことを言います。

飼い主から急に離れたりせず、しつけができている犬ならばスタンダードタイプで良いでしょう。

ミドル・ロングタイプ

ミドル・ロングタイプのリードは、広い公園などで自由に走らせる時や訓練をする時に使います。

リードを外すわけにはいかないけれど、思い切り遊ばせたい時に良いでしょう。

長さが2m以上あるリードはコントロールするのが難しいです。

道路や街中で使うのには好ましくありません。

素材を比較!

リードの素材には、主に以下のようなものがあります。

  • 金属
  • ナイロン
  • ラバー

それぞれの違いを見ていきましょう。

布製のリードは、比較的安価でデザインが豊富です。

リードが汚れたら洗濯することもできるので、長く使えるでしょう。

犬のコントロールもしやすいので、おすすめです。

どれにしたら良いか迷ったら、布製を買っておけば間違いありません。

革は高級感があり、革独特の手触りが多くの方に好まれています。

革は適度に伸縮するため、散歩中のリードコントロールがしやすいでしょう。

デメリットとしては、価格が他の素材より比較的高いことです。

また、革は噛みごたえが良いため犬によっては噛んでしまうこともあります。

水にも弱いので、雨の日に使ってしまうとカビが生えてしまうこともあるためお手入れはしっかりする必要があるでしょう。

革は自然素材なので、犬に噛まれた場合だけでなく経年劣化でも千切れてしまうことがあります。

革のリードを使う場合には、しっかりと点検と手入れが必要です。

革素材にこだわりがあり、手入れがまめにできる飼い主さんに良いでしょう。

金属

金属リードは他の素材に比べて丈夫で、切れてしまう恐れは低いでしょう。

ゴツい印象があるので、大型犬やワイルドな犬にお似合いです。

丈夫ではあるのですが金属なので重たいため、小さい犬には負担になることもあります。

また飼い主が金属アレルギーになることもあるので、注意が必要です。

お手入れをしっかりしないと、雨で濡れた後などに錆びてしまう可能性もあります。

金属のリードは、愛犬をワイルドに見せたい方やお手入れができる方におすすめです。

ナイロン

ナイロンは、劣化しにくい素材なので耐久性が高いです。

金属と革のリードよりも比較的軽いので、犬にも飼い主にも負担になりにくいでしょう。

デメリットとしては、静電気が発生しやすいので季節により注意が必要です。

お手入れの必要があまりなく、気をつけるべきは静電気くらいなのでどんな方にもおすすめできます。

犬用ハーネスの選び方

続いて犬につけるハーネスの選び方をご紹介します。

ハーネスを選ぶ際に比べるポイントは以下の通りです。

  • 形状のタイプで選ぶ
  • 素材で選ぶ
  • 機能性で選ぶ

それぞれ見ていきます。

形状のタイプで選ぶ

ハーネスの形状には以下のようなものがあります。

  • 首輪タイプ
  • 両足を通すタイプ
  • ベストのように着せるタイプ

それぞれの違いを見ていきましょう!

首輪タイプ

首輪や首にかけるタイプのハーネスは、引っ張り癖がある犬に良いでしょう。

犬が引っ張った時に首に圧がかかるため、うまくコントロールすれば引っ張らなくなります。

飼い主の指示も伝わりやすいので、コントロールはしやすいでしょう。

子犬の散歩にもおすすめです。

両足を通すタイプ

両足を通すタイプのハーネスは、呼吸器を圧迫しないので安全です。

老犬や呼吸器系が弱い犬にもおすすめできます。

しかし飼い主の指示が伝わりにくく、犬は引っ張っても体に負担がかからないためグイグイと引っ張ってしまう子もいるでしょう。

しつけができている犬や呼吸器が弱い犬におすすめです。

ベストのように着せるタイプ

ベストのように着せるタイプのハーネスは、洋服の背にリードをつける金具が付いているものです。

見た目がお洒落なので、お洋服を着せるような楽しみ方もできるでしょう。

このタイプは、小型犬用が多いです。

しかし布で作られているので、丈夫ではなく破れてしまう恐れもあるでしょう。

素材で選ぶ

ハーネスは毎日のお散歩で使うので、丈夫な物を選ぶと良いでしょう。

基本的にはリードの素材と同じような観点から選ぶと良いです。

繰り返し洗ってもへたらず、経年劣化しにくい物を選びましょう。

また、着せるタイプのハーネスは通気性がよく蒸れないものを選ぶと良いです。

生地のみならずリードを取り付ける金属部分にも注目して、丈夫なものを選んでください。

機能性で選ぶ

犬のことを考えて選ぶのも大事ですが、飼い主の使いやすさで選ぶことも大切です。

毎日使うものなので、着脱のしやすさも重要でしょう。

夜に散歩に行くことが多い方は、反射板が付いているものがおすすめです。

犬を制御しやすいようにハーネスにハンドルが付いているものもあります。

使いやすさでも比べてみてください。

複数種類を使い分けるのがおすすめ!

リードとハーネスを様々なポイントで比較してみましたが、複数種類を使い分けるのが良いかなと思いました。

あとは犬種と飼い主さんの好みですね。

ちなみに我が家の愛犬は、スタンダードタイプの120cmほどのロープ型のリードを使っていました。

子犬のことは首輪でしたが、成犬になってからは両腕を通すタイプのハーネスに落ち着いたという感じです。

犬用のキャリーバッグを比較!おすすめはどの種類?サイズのチェックは慎重に!
犬用のキャリーバッグ・スリングを比較!おすすめはどの種類?サイズのチェックは慎重に! 犬用のキャリーバッグがあると、愛犬とのお出かけの幅が広がります。 マンションや病院などでペットを抱っこしている時間が長い方や、散歩...
  1. リードは種類・太さ・長さ・材質を比較して選ぶ
  2. ハーネスはタイプ・素材・機能性を比較して選ぶ
  3. 犬の引っ張り癖の有無でも、合うものが異なる
  4. 毎日使うものなので、飼い主の使いやすさも重要

犬用リードのおすすめタイプはどれ?


この記事を書いた人
NaNa榎戸
NaNa榎戸
インディーズバンドReptileのベースNaNa榎戸です。 ブロガー、動画配信など様々な活動をしています。

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。