お金・仕事

フリーター就職サイトの比較!ハローワークとどっちがおすすめ?

フリーター就職サイトの比較!ハローワークとどっちがおすすめ?正社員に転職しよう!

フリーターは就職が難しい。

たしかにその通りでしょう。

しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。

今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。

もちろん、結果も出ています。

とはいえ、フリーター就職サイトは非常に種類豊富です。

そこでこの記事は、フリーター就職サイトをおすすめ順に紹介していきましょう。

就職するにせよ、しないにせよ真摯に相談に乗ってくれますので、是非お気軽にご利用ください。

もちろんすべて無料で利用可能です。

目次

おすすめのフリーター就職サイトを比較

フリーター就職サイトでおすすめなのは以下の通りです。

  • 「ハタラクティブ」
  • 「就職shop by リクルート」
  • 「いい就職ドットコム」
  • 「ワークポート」
  • 「マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)」

それぞれのサービスの魅力をご紹介していきましょう。

「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

最もおすすめのフリーター就職サイトは「ハタラクティブ」です。

特徴から見ていきましょう。

特徴

開示されているデータの中でもハタラクティブの内定率はNo.1です。

ハタラクティブを利用すると、80.4%の確率で正社員になれるとのこと。

とてつもない数字です。

また書類審査だけに限ると、通過率は91.4%にも上昇します。

新卒でエントリーシートを書いた人ならわかると思いますが、この数字は驚異的です。

私なんて書類だけで何社落ちたか覚えていません。

なぜ、ハタラクティブはこんなにも通過率が高いのか。

それは、やはり実績にあると言えます。

ハタラクティブがこれまで行ってきたカウンセリング人数はなんと60,000人以上です。

またハタラクティブは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪府の1都1府3県をサービス対象にしています。

ですから全国規模でないのにも関わらず、このカウンセリング実績は驚かざるをえません。

いずれにせよ、ハタラクティブなら安定のサポートが受けられるでしょう。

運営企業

ハタラクティブを運営するのはレバレジーズ株式会社です。

2005年に創業し、人材関連事業をスタートしました。

現在ハタラクティブは以下の支店で就職支援サービスを行っています。

  • 渋谷
  • 立川
  • 池袋
  • 秋葉原
  • 船橋
  • 横浜
  • 大宮
  • 大阪

今後も、サービスの利用地域は徐々に拡大していくでしょう。

情報が多い「ハタラクティブ」だからこそ、選択肢もかなり広がるでしょう。

0120979185

この数字は「ハタラクティブ」の電話番号です。

ハタラクティブに登録すると、こちらの番号から電話がかかってきます。

今後の流れについての連絡ですので、安心して電話を受けましょう。

「就職shop byリクルート」

就職shop byリクルート

続いてご紹介するおすすめフリーター就職サイトは「就職shop byリクルート」です。

特徴

  • 書類選考なし
  • 便利なロケーション
  • 大手リクルートだからこそ実現できる広い選択肢

「就職shop byリクルート」も書類選考がありません。

この点だけで、かなり使いやすいサービスと言えるでしょう。

また、使いやすいのはサービス内容だけではありません。

ロケーションも広くかなり使いやすいです。

  • 銀座
  • 新宿
  • 立川
  • 横浜
  • 千葉
  • 大宮
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都

以上の全9箇所で利用することができます。

もちろん大手リクルートが運営するサービスなので、選択肢もかなり与えてもらえるでしょう。

「いい就職ドットコム」

いい就職ドットコム

国内最大級の登録者数を誇るフリーター就職サイト「いい就職ドットコム」です。

特徴

日本最大級を誇る登録者の数はなんと20万人です。

「いい就職ドットコム」はなぜこんなにも登録者数が多いのでしょうか。

それは「いい就職ドットコム」は一般的な就職求人サイトとフリーター就職サイトを融合させたサービスだからです。

多くのフリーター就職サイトではカウンセリングのもと、求人を紹介してくれます。

したがってある程度希望は伝えられても、自分から選ぶことは基本的にできません。

一方「いい就職ドットコム」は自分から求人を探して応募することができます。

そして希望の求人が見つかり次第、個別に企業を紹介していただくといった流れです。

「いい就職ドットコム」なら自分の意思を最大限に尊重してもらうことができるでしょう。

「ワークポート」

ワークポート

次にご紹介するのは「ワークポート」です。

特徴を見ていきましょう。

特徴

「ワークポート」最大の特徴は転職コンシェルジュの存在です。

まるでホテルのコンシェルジュかのごとく、転職コンサルタント以上のホスタピリティを発揮してくれます。

転職コンシェルジュが大切にしていることはお客様目線で行動するということ。

ですから、初めての就職で不安な方はぜひワークポートを利用しましょう。

ワークポートなら手取り足とり優しく教えてくれますから。

「マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)」

マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

大手人材広告企業の「マイナビ」も既卒やフリーター向けにサービスを展開しています。

サービス名称は「マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)」です。

特徴を見ていきましょう。

特徴

「マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)」の強みはやはり「マイナビ」ブランドということでしょう。

マイナビで培ったノウハウを既卒やフリーター向けにも存分に発揮してくれます。

またマイナビが行う「自己分析に役立つ適性診断」も魅力的です。

この適性診断は非常に人気が高く、年間数千万人が受験します。

自己分析が苦手な方はぜひ「マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)」を利用しましょう。

東京、名古屋、大阪の3拠点です。

田舎で働きたい人におすすめのフリーター就職サイト!地方は限りなく求人が少ないけど…!

田舎で働きたい人におすすめのフリーター就職サイト!地方は限りなく求人が少ないけど...!

脱フリーターして就職したい。

しかし都心部ではなく田舎や地方で就職したい。

そんな方も多いです。

田舎や地方でフリーターが就職する方法をお伝えします。

田舎での就職はハローワークが一般的

年配者が使うイメージの強い「ハローワーク」ですが、田舎での就職においても侮れませんし、若者が使っても何ら問題ありません。

なぜならハローワークは国の行政機関「厚生労働省」の管轄で47都道府県に設置されているからです。

そんなわけでハローワークなら日本中どこでも利用することができます。

むしろ田舎にお住まいの方は利用せざるを得ないというのが適切な表現でしょう。

しかしハローワークでサービスの質の保証はできません。

ハローワークの業務は支援ではなく職業紹介だからです。

手厚いサポートを受けたいフリーターにとってやはりハローワークでは満足のいかない可能性が高いでしょう。 

田舎の就職でもフリーター就職サイトがおすすめ

田舎での就職ならハローワークよりもフリーター就職サイトの利用をおすすめします。

なぜなら業務内容以外にもハローワークにはデメリットがあるからです。

ブラック企業を紹介されてしまう可能性だって否めません

それだったらやはり安全な民間のサービスを使う方がいいでしょう。

民間企業にとって評判は命ですから、変な企業を紹介することでさえも許されません。

ただしそのような民間のフリーター就職サイトにも当然デメリットがあります。

それは利用出来る地域が限られてしまうということです。

利用地域はだいぶ都市に固まっています。

田舎での就職は求人が少なく、つまらない

そもそもの前提で、田舎には仕事が限りなく少ないです。

選べる自由はないと思った方がいいででしょう。

だからこそ、就職支援サービスも都心を中心に展開せざるをえません。

あくまでも慈善事業ではなくビジネスだから致し方ないのです。

また田舎での就職はしばしばつまらないと言われます。

ネットでどこでも仕事ができるはずのIT企業が東京に集まる理由を考えればわかるでしょう。

なぜ田舎ではなく東京なのか。

それは刺激が少ないからです。

刺激が少ないところで面白いものを作るのは至難の技でしょう。

何もない砂漠のど真ん中で何か面白いものを作れと言われたって無理に決まっています

田舎は基本的に面白くありません。

田舎だと休日に遊ぶところも少ないでしょう。

給料も安いですし、就職するなら都心が一番です。

ハローワークとフリーター就職サイトの比較

結局のところ、このような就職支援サービスは担当者の質によるところです。

ですから当然ハローワークでも民間でも素敵なカウンセラーに当たれば、よいサービスを受けられるでしょう。

そこで仮にカウンセラーが同じ人だと想定します。

その時おすすめなのはやはり、フリーター就職サイトの利用です。

なぜなら、ハローワークのデメリットとして紹介先の企業に問題があることが多いからです。

ブラック企業に当たる確率を下げるという意味でもやはりフリーター就職サイトの方が懸命です。

というわけで、失業保険の手続きのためだけにハローワークに行くのがベストということができるでしょう。

フリーターから大手企業に行くために重要なこと

フリーターから大手企業に入るのは正直難しいです。

しかし、決して不可能ではありません。

フリーターから大手へ行くのに必要なことは以下の通りです。

  • 経験(キャリア)
  • 業界や職種にこだわらない

バカみたいな話ですが、運があれば大手企業に入れる場合があります。

私の友人も運よくタイミングが合い、大手企業に入れましたから。

結局、その人がいくら有能でも席が空いていなければ入ることはできません。

ですから、まずは運を試すという意味でも就職支援サイトで相談してみるといいでしょう。

もしかしたら、たまたま大手が求人を募集しているかもしれません。

経験(キャリア)

運がなかった場合はキャリアをステップアップしていけば問題ありません。

実際ベンチャーで経験を積み、後ほど大手企業へと転職する方はかなりいます。

ベンチャーは極論であるにせよ、中小企業でも構いません。

フリーターから正社員を狙うよりも、中小企業で経験を積み大手を狙う方がはるかに可能性がありますから。

結局重要なのは、経験とコネです。

キャリアとコネを形成するためにも、まずはフリーターを卒業することを一番に考えましょう。

業界や職種にこだわらない

なんだかんだ言って重要なのが、業界や職種にこだわらないことです。

例えばサービス業なら、比較的簡単に大手企業が見つかるでしょう。

しかし、先ほど例に挙げた私の友人のように大手キー局のような難易度の高い業界にこだわってしまうと就職は難しいです。

立派な学歴もない単なるフリーターがコネもなしにエリート企業に入れると思ったら大間違い。

フリーターが大手企業に入りたいなら、業界や職種にこだわるのは辞めましょう。

それも含めてフリーター就職サイトでカウンセリングを受けることをおすすめします。

フリーターの仕事は全部おすすめ

基本的にフリーターが正社員になる際におすすめされる仕事は全部おすすめです。

やりたいことがなくてフリーターになったなら尚更で、とにかくどんな仕事にもチャレンジしてみる価値があります。

そもそも自分のやりたい仕事とできる仕事は往々にして異なるわけですから、勧められた仕事は全部やってみましょう。

もしかしたらその仕事が自分にとって天職かもしれません。

やる前から決め付けるのはもうやめにしましょう。

仕事があるだけありがたいのですから。

仕事がしたいのに紹介してもらえない人はごまんといます。

フリーターは何もできない

そして大抵のフリーターが何の能力もありません。

もちろん元フリーターの私だって今もなお、何もできませんから。

何かしら能力があったらフリーターなんかにはなってないでしょう。

ということでフリーターは基本的に何もできないということを自覚する必要があります。

何もできないフリーターが仕事を選ぶ立場ではないことは言うまでもありません。

若さとやる気が大事

何もできないからといって、何もしなくていいというわけではありません。

とりあえず勧められた仕事は全部こなし、若さとやる気で乗り越えましょう。

フリーターでも転職市場において需要があるのはそのガッツがあるからです。

若さには価値があります。

その若さを活かして仕事をしましょう。

それこそ、我々フリーターに残された唯一の道です。

とにかく重要なのは能力がないなりに自分にできることを見つけること。

必死になって役割を見つけ、それを果たせる人こそ生き残れるものです。

持ち前の若さで自分の役割を探しましょう。

「自分には何ができるのか」と。

私の大好きな漫画「スラムダンク」の桜木花道は初心者で何もできないながらも見事に役割を見つけました。

それがのちのスキルになるのです。

魂は売るな

「仕事は何でもやろう」と言いましたが、それでも魂だけは売ってはなりません。

自分の仕事に対する誇りこそがまさに魂です。

時には泥臭く仕事することも大切ですが、魂だけは売らないようにしましょう。

なお単純にやりたくないというのはそれは単なる「わがまま」ですから混合しないように気をつけてください。

プライドが高いだけの人材に価値はありません。

 

高卒フリーターでも就職できる

高卒フリーターでも余裕で就職可能です。

コネがなくても、学歴がなくても就職できる方法がひとつだけあります。

それは、就職支援サービスの利用です。

就職支援サービスを使えば高卒者でも、内定率は80%を超えるでしょう。

しかし、この方法には一つだけ欠点があります。

年齢です。

就職支援サービスは学歴不問ですが、20代までしか利用することができません。

ですから、高卒フリーターでも20代なら逆にチャンスです。

いずれにせよ、高卒フリーターの就職は学歴よりも年齢が鍵となります。

高卒フリーターの就職率

高卒フリーターの就職率を見てみましょう。

以下のグラフは学歴別にフリーターの就職率を示します。

学歴別フリーター就職率

高卒フリーターの就職率は男性で23.5%,女性で8.7%です。

数字的には低く感じますが、一つ上の学歴でもある短大卒フリーターと就職率はほとんど変わりません。

むしろ男性に関しては高卒フリーターの方が短大卒フリーターよりも上回っています。

というわけで就職率から見ても高卒フリーターは決して絶望する必要はありません。

高卒フリーターの就職希望率

さらに希望が見えてきます。

以下は学歴別のフリーター就職希望率を示したグラフです。

学歴別フリーターの転職希望率のグラフ

高卒フリーターが就職を希望する割合は男性で37.9%,女性で25.1%です。

つまり就職希望率がそこまで高くない割には就職率が高いことがわかります。

振り返ってみると、高卒フリーターの就職率は男性で23.5%,女性で8.7%です。

せっかくなのでこの数字を就職希望者だけで割ってみましょう。

その時、就職できる確率は男性でおよそ62%,女性で34.7%となります。

この数字が表すのはまさに高卒フリーターでさえも就職は希望したもの勝ちということです。

就職したいと考える高卒フリーターは、物怖じせずガンガン就職を希望していきましょう。

当たり前ですが、先行を受ければ受けるほどチャンスは広がります。

高卒フリーターの末路

高卒フリーターの末路は本人次第です。

就職を希望し続ければいずれは就職できます。

希望でさえも持たなかったら一生フリーターになってしまうでしょう。

とにかく大事なのは就職するという決意をすること。

そうすれば就職してごく普通の生活がおくれます。

さらに重要なのは年齢が若いうちにその決断を下すことです。

高卒の中年フリーターともなると、当然就職率は下がっていきます。

フリーター就職市場においては学歴と年齢は唯一の武器です。

高卒フリーターだからこそ、年齢で勝負する必要があるでしょう。

就職の難易度が上がる30代前に就職することをおすすめします。

中年フリーターに差し掛かることで、結婚もできずに将来生活保護やホームレスに現実味が帯びてきてしまうのです。

高卒フリーターの人口と割合と確率について!半数が高卒者!

フリーターは高卒者が大半です。

しかし、実際のところどれくらいいるのでしょうか。

この記事では高卒フリーター人口についてお伝えします。

高卒フリーターになる確率についても見ていきましょう。

高卒フリーターの人口 

以下のグラフは学歴別のフリーター人口を示します。

学歴別フリーターの人口

高卒フリーターの人口は学歴別で最も多く男性が39.6万人、女性が46万人です。

フリーターの人口のほとんどが高卒者だとわかります。

高卒フリーターの割合

次にお見せするデータはフリーターの学歴構成です。

高卒フリーターの普遍性を分かりやすくするために、人口を%に変換しました。

学歴別フリーターの割合

フリーター全体を占める高卒者の割合は男性が45.1%、女性が44%です。

フリーターのおよそ半数弱が高卒者だとわかります。

割合が多いということはそれだけ高卒者はフリーターになりやすいということです。

高卒フリーターになる確率

では一体どれくらいの高卒者がフリーターになってしまうのでしょうか。

以下のグラフは学歴別のいわゆるフリーター率を表します。

大卒フリーター率

高卒者のフリーター率は男性で12.4%、女性で31.4%です。

つまり高卒者において男性はおよそ8人に1人が、女性は3人に1人がフリーターになっていることがわかります。

また女性は男性に比べフリーターになりやすいこともわかるでしょう。

高卒者はおよそ2.5倍ほど女性の方がフリーターになりやすいです。

そんな特別珍しくない女性の高卒フリーターだからこそしっかりと将来設計を構築しましょう。

いずれにせよ、高卒フリーターになる確率は男性も女性も決して低くないことがわかりました。

学歴が低ければ低いほど、フリーターになる確率は高まります。

高卒フリーターにアルバイトから正社員がおすすめできない理由

学歴に自信がないからこそアルバイトから正社員登用を狙う方もいます。

しかし、大学に出ていなくても就職は可能です。

むしろ、アルバイトから正社員を狙うにあまり、年齢だけを重ねてしまう危険性があります。

大事なのは学歴よりも若さです。

就職支援サービスなら、高卒はもちろん中卒の方でさえも就職が決まります。

高卒の方は大学にいっていないからこそ、若さで勝負しましょう。 

年代別高卒フリーターの就職戦略

 年齢別に高卒フリーターの就職戦略についてみていきましょう。

  • 20代高卒フリーターの就活方法
  • 30代高卒フリーターの就活方法

 言うまでもなく、20代のほうが簡単に就職することができます。

それぞれの年代を確認していきましょう。

20代高卒フリーターの就活方法

10代20代の高卒フリーターにおすすめの就活方法はズバリ、就職支援サービスの利用です。

もはや特別なコネがない限り、就職支援サービスを利用しないという選択肢はないでしょう。

数多くの高卒フリーターの方が、そのようなサイトを利用して就職に成功しています。

また就職支援サービスは20代までしか利用できません。

よって20代の今だからこそ就職支援サービスの利用をおすすめします。

大卒ではないのに、就職できてしまうのは就職支援サービスだからこそです。 

30代高卒フリーターの就活方法

30代も20代も同じ方法で就活をしてもらいたいのですが、それができません。

なぜなら研修型の就職サービスを含めた就職支援サービスが利用できるのは20代までだからです。

30代になると利用できません。

就職するなら30歳まで」と言われるのも納得できます。

高卒フリーターで30代になってしまった場合はハローワークで仕事をみつけるのがベストでしょう。

女性高卒フリーターは30歳までが勝負!

人口的には女性高卒フリーターが最も多いです。

学歴別フリーターの人口

大多数でもある女性高卒フリーターの戦略についてお伝えします。

女性高卒フリーターのひとつのゴール

女性高卒フリーターは結婚を一つの目標にしましょう。

もちろん女性がバリバリ働くのも素晴らしいことですが、それだったら高卒フリーターにはなっていないはずです。

女性だけに言えたことではありませんが、高卒フリーターになってしまった時点でキャリアは傷つきました

それだったら結婚を一つのゴールにしたって何ら問題ないでしょう。

女性高卒フリーターであれ、結婚して幸せな家庭を築くことは不可能ではありません。

むしろ結婚こそ、最も身近に達成できる幸せを築く手段ということができます。

女性フリーターはパートナーのいる割合が少ない

「女性高卒フリーターはいますぐ結婚しよう」と口では簡単に言うものの、そう単純なことではありません。

以下のグラフは就業形態別に交際相手の有無を表しています。

20代未婚者における交際相手の有無

正規雇用者に比べて、やはりフリーターのような非正規雇用者はパートナーのいる割合が少ないです。

またフリーターでいることは結婚意欲でさえも奪い取ります。

フリーターの結婚意欲

女性の正規と非正規を比較しても、約10%ほど差が見られるでしょう。

これらデータからも見て分かる通り、女性フリーターは結婚しにくいといえます。

女性が男性に正社員であることを求めるのと同様に、男性も女性に正社員を求めるということです。

女性高卒フリーターだからこそ就職しよう

女性フリーターが結婚できない理由の一つに出会いの少なさが挙げられます。

特に女性高卒フリーターは一体どこで出会うというのでしょうか。

自然な出会いだけだと、アルバイト先か小中高の同級生から見つけるしかありません。

この中から結婚するのはさすがに無理があるでしょう。

ですが待っているだけでは絶対に出会いはやってきません。

そこでおすすめなのが就職です。

正社員であれば単純にパートナーができる確率も高まりますし、出会いの数も格段に増えます。

出会いの少ない女性高卒フリーターだからこそ就職して、結婚相手を見つけましょう。

正社員として働きたくないという方でも結婚してから仕事をやめればいいのです。

女性フリーターが30歳までに勝負する理由

フリーターは基本的に30歳を境に就職率も結婚率も下がっていきます。

例えば、30代女性フリーターの就職率は以下の通りです。

年代別フリーター就職率

たったの8.3%です。

就職できる確率が減っていけば当然、結婚率も下がっていくでしょう。

女性フリーターはモテません。

参考までに30代女性全体の未婚率は以下の通りです。

30代の未婚率

30代前半の時点でおよそ6割強の女性が結婚していることになりますから、残された方達で熾烈な争いをしなければなりません。

30代後半にもなるとおよそ8割の方たちが結婚していきます。

それなのに結婚できていない方たちは、もはや婚期を逃してしまったと言わざるをえないでしょう。

なお30代前半における結婚率を未婚率から換算すると、およそ32.5%です。

この数字は決して低くはありませんので、やはり30代前半までには結婚することをおすすめします。

そのためにもまずは20代のうちに就職です。

高卒フリーターにおすすめの資格がない理由

高卒フリーターは大学に行けなかった反動からか、非常に勉強熱心です。

勉強熱心ということで、資格取得に走る方も少なくありません。

就職には資格が必要だと思ってこその行動でしょう。

学歴の代わりに資格や手に職をつけたい。

そう思う気持ちもわからなくありません。

しかしフリーターにおすすめの資格はありません。

時間の無駄なのでやめましょう。

フリーターにおすすめの資格がない理由は以下の通りです。

  • フリーターは資格よりも実力が重要
  • 資格は単なるビジネスだから
  • 資格がなくても、業務を行えることが多い

それぞれ確認していきましょう。

高卒フリーターは資格よりも実力が重要

学歴がないなら実力で勝負するしかありません。

例えば英語というスキルで考えてみましょう。

TOEICという英語のテストでいくら高得点が取れようとも、ネイティブレベルのコミュニケーションができるかどうかは別の話です。

また逆にTOEICを受けたことがなくても、通訳レベルの英会話スキルを持っている人もいます。

この時、採用したくなるのはどちらでしょうか。

いうまでもなく後者です。

結局資格なんていうのは単なるモノサシでしかありません。

資格があってもなくても、結局実力には敵わないでしょう。

実力を証明するのは何も資格だけではありません。

高卒フリーターだからこそ欲しいのは就職資格ではなく実力や実績です。

資格は単なるビジネス

いわゆる「資格バカ」がいます。

資格バカとは資格を取れさえすれば就職できると思い込んでしまっている人間のことです。

しかしこのような人こそ資格ビジネスの格好の餌食となりやすいので注意しなければなりません。

資格自体がビジネスであることは多々あります。

ほとんどの資格がビジネスのためにあると言っても過言ではないでしょう。

「この資格がないとこの職業に就くことは難しい」と謳って資格取得を煽ります。

相手の資格ビジネスに貢献してあげる必要は一切ありません。

資格がなくても、業務を行えることが多い

資格習得が必要になるシーンもあります。

それはその資格がないと業務を行えない場合です。

法規制がある場合とも言います。

資格というのはその時だけ取れば十分です。

資格がなくても業務を行える場合は取得しなくていいでしょう。

例えばネイリストは資格不要の職業です。

ネイリストに重要なのは資格取得ではありません。

それこそ技術や集客力が全てです。

お客様にとって重要なのはその人に資格があるかどうかではなく、満足のいく仕上げにしてもらえるかどうかでしょう。

資格ビジネスに惑わされてはいけません。

高卒フリーターの専門学校や大学への進学がおすすめできない理由

高卒フリーターは自分の学歴にコンプレックスを持っています。

そのコンプレックスを解消すべく、専門学校や大学への進学を検討しがちです。

しかしフリーターからの進学はおすすめできません。

この記事ではその理由についてお伝えします。

大学進学は年齢にもよる

高卒フリーターの進学に関するすべてを全否定するわけではありません。

まず大学進学は年齢にもよります。

もし1浪や2浪の人と同じくらいの年齢なら進学を考慮してもいいでしょう。

なぜなら、普通に受験しても1浪や2浪は珍しいことではないからです。

また大学の同級生と年齢が離れれば離れるほど学内で孤立する可能性が高まります。

1浪や2浪ならまるで同級生のように話せますが、3浪以上となると友達も作りづらいです。

その結果、中退してしまう人も何人か見てきました。

よって進学を検討している高卒フリーターは年齢も一緒に考慮しましょう。

卒業の際に自分が何歳であるか考える必要があります。

高卒フリーターが大学進学するなら東大へ行け

年齢を考慮した上で、大学進学を決めたとしましょう。

その時大切なのが、レベルの高い大学に行くことです。

現役でもちょっと頑張れば入れてしまうような大学に価値はありません。

目指すなら東大を目指しましょう。

それ以外の大学はコスパ的にも高卒フリーターにおすすめできません。

もちろん現役なら話は別です。

高卒フリーターという謎の空白期間を埋める口実を作るにはよりレベルの高い大学に行くしかないでしょう。

結局高卒フリーターから頑張って進学しても上には上がいます。

逆転を狙って進学するわけですから、中途半端なレベルの大学は絶対避けましょう。

専門学校はやめておけ

専門学校も実はフリーターを生み出す巣窟です。

専門学校に進学してフリーターになってきた人をこれまでにもたくさん見てきました。

以下のグラフは学歴別のフリーター率を示します。

大卒フリーター率

この通り、専門卒でフリーターになっている人は多数存在します。

男性に関しては高卒も専門卒もほとんど変わりません。

ですから、専門学校に行くことはフリーター脱出の解決策にはならないということです。

お金の無駄ですので専門学校だけはやめましょう。

そもそも専門学校は大学受験のために勉強をしたくないような人が行くところです。

高卒フリーターが専門学校や大学に行く必要性はない

就職したいためというなら、わざわざ大学に行く必要はありません。

フリーターからでも就職は十分に可能だからです。

スキル習得のためでも、専門学校に行く必要はありません。

スキルは働きながら身につけるものです。

「大学に行けば立派な人生が送れる」という考え自体が手遅れでしょう。

そのような考えはフリーターになる前にもっておくべきです。

すでにフリーターになってしまった方に重要なのは「何ができるか、何がしたいか」です。

高卒フリーターだからこそスキルを最優先に身につけましょう。

スキルを習得するには現場に出てしまうのが一番てっとり早いです。

高卒フリーターが留学する必要はない

フリーターが留学する必要はありません。

芸能人にも言えますが、そもそもなぜ留学したいのか答えられなければ留学する意味はないでしょう。

結局留学したからといって就職できると思うのは大間違いです。

留学は手段にすぎません。

もし通訳になりたいという方であれば留学は大歓迎です。

目的がなければ留学するなとは言いませんが、目的があったほうが有意義な時間を過ごせるのは間違いないでしょう。

留学はしたければすればいい

留学はしたい人だけがすればいい話です。

ただし繰り返しますが、留学する必要性は一切ありません。

なぜなら高卒フリーターでも就職することは可能だからです。

ですから就職に有利になるという安易な考えだけで留学するのはやめましょう。

それこそ私の友人のように英語ペラペラのニートになってしまいます。

したくもないのに、就職のためだからといって無理やり留学する必要はありません。

高卒フリーターの就活はもっと手軽にすることができますから。

英語は武器の一つ

もっというと、高卒フリーターが英語ペラペラだからといって就職が安泰とは限りません。

なぜなら英語ペラペラの大卒にはかなわないからです。

結局、英語も学歴も武器の一つに過ぎません。

それ一つあるからといって、所詮中身は高卒フリーター

人生逆転までは程遠い道のりでしょう。

確かに今のご時世、英語を話せれば就職や転職に有利です。

しかし上には上がいるということを決して忘れてはなりません。

英語だけが全てではないのです。

  • 一番のおすすめは「ハタラクティブ」
  • フリーター就職サイトは相談だけでもOK
  • フリーター就職サイトを利用すれば、フリーターでも就職は難しくない

以上、おすすめフリーター就職サイトのまとめでした。

一番のおすすめは「ハタラクティブ」です。

「ハタラクティブ」なら相談だけでも真摯に聞いてもらえるでしょう。

フリーターの就職で失敗したくない方はフリーター就職サイトの利用をおすすめします。

この記事を書いた人
ユータアライ
ユータアライ
キュリーの編集長兼代表です。小さなブログからスタートし、会社になってしまいました。商品やサービスの比較ならお任せください!

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。