お悩み相談コーナー

いきなりハブられた時の対処法!自分が仲間外れにされるのは、自分のことを嫌いな人がいるから!


あなたは誰かに嫌われています。でも自分がハブられるかどうかは、なんとなくの曖昧な雰囲気で決まるので、そんなに気にすることはありませんよ。

ハブられて嫌な気持ちになったというお悩みですね。

気持ちはわかります。

ワタクシも自分だけ誘われてなくて、昔はよくモヤモヤとしたものです。

でも今は全く気になりませんね。

その理由について説明します。

全員が自分を嫌っているわけではないから

自分がハブかれたからと言って、全員が自分を嫌っているわけではありません。

たったひとりの「嫌い」という意見が、そのまま通ってしまうこともかなり多いんですよね。

実際、ワタクシも「あの人嫌いだから誘わなかった」なんて言われたら「ふーんそうなんだー」と流します。

「俺は好きなんだけど!なんで?」なんていちいちやってたら、キリがありません。

それこそ「めんどくせー」ってなって今度は自分が誘われなくなりますよ。

というわけで周りの雰囲気に流されているだけの人ってかなり多いと思います。

自分から誘うから

もちろん、とある人に嫌われているからといって、その人と自分が遊んではいけない理由にはならないでしょう。

自分は自分が遊びたい人と遊ばなければいけません。

自分が好きな人にハブかれる可能性もありますが、そしたら他を見つけるだけです。

待ってるんじゃなくて、自分が遊びたい人をとにかく誘ってみてください。

幹事とかって面倒なので、誰もやりたがりません。

自分が幹事や企画をすれば、好きな人を呼べますし、感謝もされるので最高ですよ。

そして、一緒に遊んでくれた人だけを大切にすればいいんです。

来れなかった人は仕方ないですけど、来なかった人のことなんて知りません。

自分もよくハブられていました

今思い返せば、自分もよくハブられていたなーと思います。

自分はバスケ部だったんですけど、TVゲームや遊戯王カードが好きすぎて「オタクきも」という感じで、よくハブられていました。

でも別にオタク同士で普通に楽しかったです。

バスケはバスケで、「オタク」とかなんか言ってくるキャプテンは嫌いでしたけど、仲良い人は他にいたので、「あいつウザいよねー」とか言いながら3年間過ごしましたよ。

他にも嫌いな同級生はたくさんいました。

それでも学校生活がなんとかなったのは、やはり居場所をいくつか持っていたからだと思います。

狭い学校生活だからこそ、今の居場所に固執するのではなく、いろんな居場所を持っておくことが大切になります。

それと今はなぜか、学生時代に自分をハブいてきて、嫌いだった人たちと仲良いです。

不思議ですね。

  1. 周りの雰囲気に流されているだけの人は多い
  2. 自分から誘ったり、企画すればハブられる感覚が減る
  3. 今の居場所に固執するのではなく、いろんな居場所を持っておく
  4. 自分と遊んでくれる人を大切に
今回の名言

“僕のことを好きじゃない誰かのことでくよくよする時間はないんだ。僕は、僕を大好きでいてくれる人を大好きでいるのに忙しすぎるから”

by スヌーピー

この記事を書いた人
アライユータ
インスタグラムのフォロワー2万!素敵なんだけどちょっとマニアックなセリフのシーンを探して気づいたら3時間くらい経過していることがよくあります。名セリフ探しは最初から全部観た方が早いですよね。
この記事のURLをコピーする