お悩み相談コーナー

まとまった時間が取れません…何かいい方法はありますか?時間を作る方法について

時間が足りないときの選択肢は限られている!

時間が足りないというお悩みですね。

時間が足りないという課題はできることも限られてくるので、実は結構シンプルに解決します。

まずは時間が足りないときに、できる選択肢を絞って考えていきましょう。

睡眠を削って時間を作る

まず思いつくのが、睡眠を削ることです。

削った睡眠時間を作業に充てましょう。

自分が我慢するだけですから、一番簡単かもしれません。

しかし、この方法はもちろんおすすめしませんよ。

簡単なので、一番取りがちな選択肢ですけど、早死にします。

根性がモノを言う時もあるので、あえて否定しませんが、最終手段として取っておきましょう。

ワタクシは絶対にやりません。

無駄を省く

いわば、効率化ですね。

しかし効率をあげるには頭をめちゃくちゃ使うので、すぐには思いつきませんし、限度ってものがあります。

なので難しいんですけど、効率化のポイントをあげるとするなら、「優先順位の決定」と「他の人を頼ること」ですかね。

本当にその仕事を今、自分でやる必要があるのか、再度見直してみると良いかもしれません。

他の人を頼るスキルってめちゃくちゃ重要ですよ。

優先順位のポイントは人によって異なると思うので、自分で考えてみてください。

手を抜いて時間を作る

ワタクシが一番好きなのは、手を抜くことです。

手抜き最高。

どんなに優秀なサッカー選手でも90分全力疾走できる人はいないんですよね。

完璧を目指すから時間がかかるわけで、まずはある程度妥協してでも、終わらせることに集中しましょう。

もちろん守るべき最低ラインは自分で設定してみてくださいね。

高く設定しすぎると、時間はどんどんなくなりますよ。

個人的にはとにかく集中して、タスクを終わらせて、いつでも身動きが取れる状態が好きです。

同時進行が苦手なんですよね。

できている人を真似る

「みんながみんな、無理だ〜」って言っているのであれば、それはもはや無理ゲーなんです。

諦めるか、上とみんなで交渉しましょう。

しかし、一人でも同じタスクをこなせているのであれば改善の余地ありです。

観察しまくるのでもいいですし、本人にコツを聞くのも良いでしょう。

褒めて、「教えてください」と甘えれば大抵の人は気をよくして教えてくれますよ。

「自分で考えろ!」と言われてしまったら、その人の動きを観察するだけなので、気にする必要はありません。

以上、時間を作るコツでした。

完璧にこなしたいし、時間も欲しい。

そんなプレイはワタクシたち庶民には無理なんです。

  1. 睡眠を削るのはNG
  2. 他の人を頼ろう
  3. ほどほどに手を抜く
  4. できている人に教えを乞う
今回の名言

“何かを捨てないと前に進めない”

by スティーブ・ジョブズ

この記事を書いた人
アライユータ
インスタグラムのフォロワー2万!素敵なんだけどちょっとマニアックなセリフのシーンを探して気づいたら3時間くらい経過していることがよくあります。名セリフ探しは最初から全部観た方が早いですよね。
この記事のURLをコピーする