お悩み相談コーナー

彼女が欲しいのですが、できる気配が一向にありません

恋人づくりは気配がないところで釣りをするんじゃなくて、見えるところまで潜って、モリで突いて「とったどー」くらいやらないとダメ。

恋人が欲しいというお悩みですね。

恋人ができない悩みって、もう「行動しろ!」としか言いようがありません。

でもそんなの皆さんわかってるじゃないですか。

んで「行動しろ!」とワタクシが言って動くような人はそもそも、もう動いてる人なんです。

そして、もう動いているような人は「恋人ができる気配がない」なんて悩みを抱えないんです。

だからぶっちゃけ、その悩みを解決することは不可能に近いんですよね。

「諦めてください」と言いたいところですが、それだとお悩み相談にならないので、一応回答を用意しました。

出会いが少ないから

そもそも出会いが少ないと恋人はできません。

ですが、この昨今の情勢では、出会いの数を増やすのも難しいですよね。

なので「出会いの数をもっと増やそうぜ!」と安易に伝えることはできないのですが、出会いが多ければ多いほど恋人を作りやすくなるのは事実です。

すなわち、今のこの特殊な状況は恋人づくりに不向きな環境だということをお伝えしておきます。

お祭りムードになって、開放的にならないと、恋愛にも発展しづらいです。

一匹も魚が見えてないから

気配とは「はっきりとは見えないが周囲の様子から何となく漠然と感じられる様子」を指します。

もう「気配」という言葉を使ってしまった時点で、恋人ができるというゴールから遠ざかってしまっているんです。

ゴールがはっきりと見えてないと、恋人はできません。

そりゃはっきり見えてないところに釣り糸垂らして待っていても、釣れる確率は低いでしょう。

魚が見えてないんです。

魚が見えてなかったら、見えるところまで潜って、モリで突いて「とったどー」くらいやらないと、やはり恋人はできないですよね。

自分磨きしよう

出会いの数を増やせない、増やしたくないなら、自分磨きを頑張りましょう。

自分の市場価値を高めておけば、お祭りムードになったときに絶対に自分の時代が到来します。

できないと嘆いているだけだったら、いざその「気配」を察知しても、なにもできないかもしれません。

そうならないためにも、常に準備しておくことが大切ですよね。

恋愛しづらい環境のときこそ、見られていないところまで意識して、自分を磨いておきましょう!

内面と外見を磨いておけば最高です。

  1. 今のこの特殊な状況は恋人づくりに不向きな環境
  2. はっきり見えてないところに釣り糸垂らして待っていても、釣れる確率は低い
  3. 恋愛しづらい環境のときこそ、見られていないところまで意識し自分を磨く
今回の名言

“その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだ”

by ココ・シャネル

この記事を書いた人
アライユータ
インスタグラムのフォロワー2万!素敵なんだけどちょっとマニアックなセリフのシーンを探して気づいたら3時間くらい経過していることがよくあります。名セリフ探しは最初から全部観た方が早いですよね。
この記事のURLをコピーする