ガジェット・エンタメ

Kindleの使い方|アプリ・キンドル専用端末・Fireタブレットの比較

Kindleの使い方|アプリ・キンドル専用端末・Fireタブレットの比較

え?スマホでも見れるの?

意外に知らない人も多いです。

お使いのスマホでも電子書籍が読むことができます。

そこでこの記事ではKindleの使い方について解説しましょう。

これからKindleを使おうと思っていた方は必見です。

Kindle端末とアプリの比較

お使いのスマホでKindleが読めるのに、果たして専用のKindle端末を購入する必要はあるのでしょうか?

ポイントは3つあります。

  • Kindleアプリの使い方について
  • 画面の大きさ重視ならKindle
  • スマホのバッテリー残量が気になる方はKindle

それぞれ解説していきましょう。

Kindleアプリの使い方

Kindleというと、タブレット型の端末を思い出す人が多いでしょう。

たしかにそれも正解です。

Kindleには何種類か端末が存在します。

しかし、この端末でしか電子書籍が見れないと勘違いしている人も多いです。

Kindleという言葉は大きく分けて3つの意味合いが込められています。

  1. Amazonが販売している電子書籍を読むための「端末の呼称」
  2. Amazonが販売している電子書籍を読むための「アプリ」
  3. Amazonが販売している「電子書籍」そのもの

知らない人にはちょっと複雑でしょう。

端末でもあり、各種サービスのことでもあるのです。

まずはスマホで読むことを前提に説明を進めていきます。

お使いのスマホに「Kindle」のアプリをインストールしましょう。

Kindle

Kindle

無料posted withアプリーチ

ダウンロードしたら、あとはAmazonで「Kindle本」を購入するだけです。

きちんとKindle版を購入しましょう。

アプリとアカウントが紐づいているので、購入してアプリを起動すれば勝手にダウンロードが開始されます。

試しに無料のKindle書籍のリンクを置いていきます。

人間失格

人間失格

太宰 治
0円(10/25 05:43時点)
発売日: 2012/09/27
Amazonの情報を掲載しています

※有料になっていることもあるので、価格のご確認をお願いします。

この本がお使いのスマホで読めれば、Kindleアプリの使い方は問題ないでしょう。

なおKindle端末の使い方はもっと簡単です。

スマホのようにアプリをインストールする必要はなく、Kindle書籍を購入すれば勝手に端末に配信されます。

画面の大きさ重視ならKindle端末がおすすめ

大抵のスマホの画面は小さいです。

小さい画面で本を読みたくないという方こそKindleを購入するといいでしょう。

Kindle端末はKindleを読むためだけの機械なので、画面も大きくとても軽いです。

単行本の重さとほとんど変わりません。 

スマホのバッテリー残量が気になる方はKindle端末

Kindleアプリがバッテリーを特別消耗させるわけではありませんが、やはり長時間の読書だとスマホのバッテリーは減っていきます。

だからこそ、スマホとKindle端末を分けて利用すれば外出先でも安心して読書を楽しむことが可能です。

読書が大好きな方はKindle端末をおすすめします。 

なお、購入したKindle書籍はスマホからでもKindle端末からでも両方から閲覧可能です。

気分に合わせて、端末を変えて読むこともできます。

Kindleアプリの注意点

Kindleアプリの注意点は2つあります。

  • 容量が必要
  • 他社で購入した電子書籍をKindleで見るのは不可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

容量が必要

Kindle本は端末にダウンロードしてから読むので、たくさん容量を使用します。

容量がいっぱいになったら、Kindle本を都度端末から削除しなければなりません。

もちろん再び読みたいときはクラウドからダウンロード可能です

Kindle本は自動的にAmazonのクラウドに無限に保存されます。

KIndleのライブラリには今までKindleで購入した書籍がずらりと並びます。

他社で購入した電子書籍をKindleで見るのは不可能

基本的に他社で購入した電子書籍をKindleで読むのは不可能と考えましょう。

厳密的には不可能ではありませんが、データ変換などの専門的な知識が必要になってきます。

楽天Koboのような電子書籍データをKindle用に変換するのは難易度がかなり高いです。

よってKindleをご利用の方はAmazonで電子書籍を購入しましょう。

くれぐれも買いすぎには注意です。

Kindle端末とFireタブレットの比較

Kindleが複雑なのは、FireタブレットでもKindleが読めることです。

FireタブレットとKindle端末はどちらが良いのでしょうか。

Kindle端末とFireタブレットを比較していきましょう。

Kindle端末とFireタブレットはどっちがおすすめ?

読書だけのために購入するのであれば、やはりKindle端末がおすすめです。

Kindle端末は重量が軽いので、長時間の読書でも手が疲れにくくなっています。

一方のFireタブレットは重量があるので、長時間の読書には不向きです。

しかしFireタブレットは読書だけでなく、映画・音楽・ゲーム等も楽しむことができます。

また機種によって異なりますが、基本的にFireタブレットの方が安いです。

Fireタブレットでも十分すぎるくらい、Kindle書籍は読めるので低価格ゆえの心配は要りません。

ただし風呂で読書したい場合は、防水対応のKindleシリーズを選ぶ必要があります。

Kindleシリーズ

Kindle端末には以下のラインナップが用意されています。

  1. Kindle
  2. Kindle Paperwhite
  3. Kindle Oasis
Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

13,980円(10/25 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

29,980円(10/25 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

それぞれの端末を比較していきましょう。

  Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis
価格 8,980円 13,980円 29,980円
内蔵ライト LED4個使用 LED5個使用 LED25個使用
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーンかボタン
解像度 167ppi 300ppi 300ppi
バッテリー 数週間 数週間 数週間
接続 Wi-Fi Wi-Fi Wi-Fi
Wi-Fi + 無料4G Wi-Fi + 無料4G
重量 174g Wi-Fi : 182g Wi-Fi : 188g
Wi-Fi + 無料4G : 191g Wi-Fi + 無料4G : 188g
サイズ 160 x 113 x 8.7 mm 167 x 116 x 8.18 mm 159 x 141 x 3.4-8.4mm
ディスプレイサイズ 6インチ 6インチ 7インチ
明るさ自動調整機能 –  ◯ 
色調調節ライト –  ◯ 
ストレージ 4 GB 8 GB / 32 GB 8 GB / 32 GB
防水性能 なし

違いを大きくまとめると以下の通りです。

  1. 「Kindle Oasis」が一番画面が大きい
  2. 「Kindle Oasis」にはデバイス自体にページ送りボタンがついている
  3. 「Kindle Oasis」は明るさ自動調整機能付き
  4. 「Kindle Oasis」はホワイトからアンバーに色の暖かさを調節可能
  5. 「Kindle Paperwhite」にも防水機能がついている

風呂で読書したい方は、PaperwhiteかOasisを購入しましょう。

また目の疲れやすい方は、色調調節機能が唯一ついているOasisがおすすめです。

Fireタブレットシリーズ

Fireタブレットもラインナップがいくつかあります。

  1. Fire 7
  2. Fire HD 8
  3. Fire HD 10
Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB - Newモデル

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB – Newモデル

5,980円(10/25 05:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

それぞれのラインナップを比較していきましょう。

  「Fire 7」 「Fire HD 8」 「Fire HD 10」
価格 5,980円 8,980円 15,980円
ディスプレイサイズ 7インチ 8インチ HD 10.1インチ HD
解像度 1024 x 600 (171 ppi) 1280 x 800 (189ppi) 1920 x 1200 (224ppi)
プロセッサ クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz オクタコア2.0GHz
メモリ 1GB RAM 1.5GB RAM 2GB RAM
オーディオ モノラルスピーカー ステレオスピーカー(Dolby Atmos) ステレオスピーカー(Dolby Atmos)
ストレージ 8/16GB 32GB 32/64GB
microSDカードスロット 512GBまで 400GBまで 512GBまで
Wi-Fi a/b/g/n a/b/g/n a/b/g/n/ac
バッテリー 最大7時間 最大10時間 最大12時間
サイズ 192x115x9.6mm 214x128x9.7mm 262x159x9.8mm
重量 286g 369g 504g

基本的にはお好みのサイズを選ぶのがいいでしょう。

しかし性能が若干違います。

最も高性能なのはやはり「Fire HD 10」です。

スペック的にも7→8→10の順に処理性能が高くなっています。

もちろんどの機種もスペックは低くないので、価格と相談して購入するのがおすすめです。 

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」がおすすめ

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」のサービス概要を見てみましょう。

  • 料金は月額980円(税込)
  • 読み放題ラインナップは50,000冊以上
  • 使い方はいつものKindleと一緒
  • スマホでも使える(複数の端末で利用可)

それぞれの特徴について解説します。

料金は月額980円

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」は月額980円(税込)で読み放題となります。

やや割高感は否めませんが、毎月1冊本を読む方なら十分元は取れるでしょう。

愛読家にはたまりません。

また漫画も読み放題なので、漫画が好きな方は簡単に元が取れます。

読み放題ラインナップは50,000冊以上

全ての電子書籍が読み放題というわけではありません。

全ての本が読み放題になってしまったら業界大反発でしょう。

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」は対象の書籍のみが読み放題となっています。

読み放題作品はどんどん増えている最中です。

使い方はいつものKindleと一緒

いつもKindleをお使いの方なら説明は不要です。

Kindleの使い方と全く変わりません。

いつもどおりKindle書籍をダウンロードするだけです。

対象の作品は「Kindle Unlimited:読み放題ストア」 からお選びください。

スマホでも使える(6つまでの異なる端末から利用可)

Kindleアプリが使える端末ならどれでも「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を利用することができます。

つまりわざわざKindle端末を購入する必要はなく、iPhoneのようなスマホからでも使えるということです。

なおダウンロードされた書籍は全てクラウドに入るので、複数の端末からでもいつもどおり利用できます。

ただし「Kindle Unlimited マイブック」といって一度にクラウドに保存できるのは10冊までなので、読み終わったら都度削除しなければなりません。

しかし同時進行で10冊以上読む必要はないでしょう。

よって、大抵の方であれば問題なく文字どおり「読み放題」をお楽しみいただけます。

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」をレビュー

実際に「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」を使ってみた感想レビューをお伝えします。

  • 漫画が読めて最高の暇つぶし
  • 愛読家でなくとも利用価値あり
  • 「積ん読」対策になる
  • エロスもUnlimited

それぞれの魅力を解説していきましょう。

漫画が読めて最高の暇つぶし

驚いたのが、マンガのラインナップもかなり豊富ということです。

あらゆるマンガが読み放題なのでこれは最高の暇つぶしになるなと感じました。

加えて、映画見放題と異なり場所も時間も問いません。

またまた最高の暇つぶしコンテンツがこの世に登場してしまいました。

愛読家でなくとも利用価値あり

私は決して愛読家ではありません。

必要な知識を充填するためだけに本を読みます。

しかし、それでも「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」に入る価値はあるでしょう。

なぜなら漫画も読み放題だからです。

漫画ならなんだかんだ、月に何冊か読みます。

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」は漫画を月に2冊読むだけで元を取ることが可能です。

そう考えると月額980円も決して高くありません。

「積ん読」対策になる

本を買うだけ買って全く読まないことを「積ん読」と言います。

誰でもこの積ん読状態の本は多くなりがちです。

手軽に買えるKindleだからこそ、しばしば大量の積ん読状態が発生します。

しかし「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」なら積ん読対策になるでしょう。

なぜなら月額という期間設定が読書を後押ししてくれるからです。

購入してしまうといつでも読めるということで後回しにしてしまいます。

読みたい本を買うタイミングで「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」に登録すれば節約にもなるでしょう。

エロスもUnlimited

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」はアダルティーな雑誌もしばしば読み放題の対象です。

このような類いの本は購入のハードルがなかなか高いです。

しかし「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」は大人向けの作品も読み放題になります。

そういう意味でも「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」の人気に火がついても全くおかしくありません。

人間のエロスも「Unlimited」です。

Kindle Unlimitedは30日間無料

「Audible(オーディブル)」もおすすめ

「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」とともにAmazonの「Audible(オーディブル)」というサービスも人気があります。

「Audible(オーディブル)」は本の朗読を聞いて楽しむサービスです。

Kindleの場合は目を使わないと楽しめませんが、「Audible(オーディブル)」は耳だけで楽しめるので時間節約できます。

よって本を読む時間がない方や、目の不自由の方に「Audible(オーディブル)」は最適です。

アプリやPCで楽しめるので、スマホでKindleを楽しもうと考えていた方は「Audible(オーディブル)」もぜひ検討してみてください。

ただし残念ながらKindle端末からの利用には対応していません。

Fireタブレットの場合は、専用アプリではなくブラウザからお楽しみいただけます。

Audibleは最初の1冊が無料

  • 「Kindle」は端末の名称でもあり、サービスの名称でもある
  • Kindleアプリならお手持ちのスマホやタブレットでも利用可
  • 「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」なら電子書籍が読み放題
  • 「Kindle Paperwhite」にも防水機能がついている
  • 「Kindle Oasis」のウリは「ページ送りボタン」「明るさ自動調節」「色調調節」
  • 価格重視の方は「Fire タブレット」がおすすめ
この記事を書いた人
ユータアライ
ユータアライ
キュリーの編集長兼代表です。小さなブログからスタートし、会社になってしまいました。商品やサービスの比較ならお任せください!
この記事のURLをコピーする