Webマーケティング顧問とは?選び方のコツと費用相場について

集客方法

WEBマーケティングが課題の企業も多いです。しかし、マーケティング人材は不足しており、金額も高い傾向があります。そこでおすすめなのが、Webマーケティング顧問です。

当記事をご覧になれば、Webマーケティング顧問について理解が深まり、適切な選択が可能になり、問題解決のきっかけになります。

WEBマーケティング顧問とは

顧問弁護士。顧問税理士。このWebマーケティング版が、Webマーケティング顧問です。マーケティングに関する高い専門性を持ち、マーケティングに関する的確なアドバイスを実施します。

デジタルマーケティングやソーシャルメディア戦略など、最新のマーケティングトレンドにも詳しく、組織のビジネス目標に合った戦略の立案と実行を支援します。また、マーケティング活動の効果を測定し、改善するためのフィードバックや指針も提供します。組織の成長と成功に向けて、マーケティング戦略の最適化に尽力します。

Webマーケティング顧問の選び方のコツ

Webマーケティング顧問の選び方のコツは次のとおりです。

  • 経歴だけで選ばない
  • マーケティングの定義を聞く
  • 自社にあった報酬体系

順番に解説していきます。

経歴だけで選ばない

経歴は重要です。しかし、マーケターは経歴だけで選ぶと後悔します。なぜなら、経歴が立派でも優秀なマーケターとは限らないからです。また、大手企業出身のマーケターほど、潤沢な予算が前提とされています。大手企業の潤沢な資産があったからこそ、うまくいった施策は数知れません。

予算を多めに組めない中小企業は、大手企業出身のマーケティング施策と相性が悪い可能性が高いです。同じ規模の企業でない限りは、大手企業出身のマーケターと契約は、避けたほうが良いでしょう。フィットしないと、現場を掻き乱されて終わります。

マーケティングの定義を聞く

マーケティングの定義は人それぞれです。検討中のマーケターにマーケティングの定義を聞いて、小難しく感じた場合は、契約しないほうが良いかもしれません。小難しいと感じた場合は、部下や現場はもっとついてこれません。

3C分析、PEST分析、SWOT分析などは学問的なマーケティング用語としては重要ですが、形から入ってしまうマーケターが多いのも事実です。形から入るマーケターは、分析だけで満足して終わりにする傾向があるので、注意しましょう。大事なのは専門用語ではなく、分析の目的を明確にすることです。

なお、弊社のマーケティングの定義は、シンプルに「目の前にお客様をお連れすること」です。時に3C分析などを実施しますが、それはあくまでも手段であって、目的ではありません。マーケティングの目的こそが、「目の前にお客様をお連れすること」だと考えています。

自社にあった報酬体系

マーケティング顧問の報酬体系は主に2通りあり、時給制と月額制です。ガッツリコミットして欲しい場合は、時給制を選ぶ必要があります。しかし、時給で契約すると、比較的割高になってしまいます。また、超優秀なマーケターは時間で拘束されることを避けるので、市場にはほとんどいません。

一方、月額制は契約内容によって、業務範囲が異なるので、合意をとりながら進める必要があります。料金はピンキリですが、高ければ高いほど、たくさんコミットしてくれるでしょう。しかし、一人の優秀なマーケティング人材だけで、中小企業の業績がうなぎのぼりになるケースは滅多にありません。大手企業なら、1%の改善のインパクトが大きいので、採算も合いやすいですが、中小企業は0→1の問題がほとんどなので、会社全体として取り組んでいく必要があります。限られた人数のなか、1人だけ高給取りの軍師がいたら、社内の士気は大きく下がります。

したがって、中小企業がマーケティングの問題を解決する場合は、1回かぎりのスポット契約か、低価格帯のマーケティング顧問がおすすめです。これらの報酬体系なら無理のない範囲で、社内にマーケティングのノウハウを貯めることができます。顧問税理士などと同等の金額なら持続可能なマーケティング施策を実施可能です。

Webマーケティング顧問とコンサルタントの違い

Webマーケティング顧問はWebマーケティングに特化した専門家であり、一般的なコンサルタントはより広範な業務領域に関する助言を提供します。

コンサルタントは経営の視点から、マーケティングを課題解決の手段として扱います。マーケターは「商品やサービスを売ること」を第一に考えます。しかし、小規模であればあるほど、業務が重なりやすくなります。どちらが良いかは適材適所です。大企業の場合は、コンサルタントに入ってもらい、マーケターを配置するほうが良いでしょう。

中小企業の場合は、高額なコンサルタントに支払うよりも、より業務範囲が明確なマーケティング顧問がおすすめです。よほどの企業体力がないと、マーケターもコンサルタントも両方契約できません。

Webマーケティング顧問のメリット

Webマーケティング顧問のメリットは多岐にわたります。

低リスクなのに、正しい方向でマーケティングを実施できる

Webマーケティング顧問の最大のメリットは、社員を雇うよりも低リスクでWebマーケティングを実施できることです。また、Webマーケティング顧問を1人雇うだけで、社内にノウハウがなくても、プロジェクトを推進することができます。一緒にプロジェクトを推進していくうちに、社内にノウハウも溜まっていくでしょう。

全く知識のない状態で、Webマーケティング施策を実施するのは高くつきます。間違った方向性のまま進めてしまう可能性も高いです。正しい方向でマーケティングを実施するには、経験と知識が何より大切です。

最新のトレンドと技術を熟知

マーケティング顧問は、常に業界の最新のトレンドやテクノロジーに精通しています。新しいデジタルマーケティングツールやプラットフォームを活用し、組織のマーケティング戦略を最適化します。

リソースの節約

マーケティング顧問を利用することで、組織は外部の専門知識を利用し、内部のリソースを節約することができます。組織は、専門家の提供する高品質なサービスを利用しながら、内部の人員を他の業務に集中させることができます。

これらのメリットにより、マーケティング顧問は組織の成長や成功に貢献し、競争力を高めることができます。

Webマーケティング顧問のデメリット

Webマーケティング顧問のデメリットはいくつか考えられます。

マーケターに当たりハズレがある

Webマーケティング顧問の最大のデメリットは、マーケターに当たりハズレがあることです。ハズレのマーケターを引いてしまうと、机上の空論を振りかざし、現場をかき乱されて終わってしまうでしょう。また、優秀なマーケターは金額が高い傾向があります。金額が高い時点で、中小企業が行う施策と共存することが難しいです。

外部の視点に依存

Webマーケティング顧問は外部の立場からビジネスを評価し、アドバイスを提供します。しかし、彼らは組織の内部の文化や状況について完全な理解を持っていないことがあります。そのため、提案された戦略が実際の状況やニーズと合致しているかどうか確認することが重要です。

依存度の高さ

組織がWebマーケティング顧問に依存しすぎると、内部のマーケティング能力が低下する可能性があります。組織内でのマーケティング知識や能力の育成を怠ることになり、将来的な課題に対処するための内部リソースが不足する可能性があります。

これらのデメリットを克服するためには、適切なマーケティング顧問の選択、定期的なコミュニケーションとフィードバック、組織内のマーケティング能力の強化などが重要です。

Webマーケティング顧問の費用相場

Webマーケティング顧問の費用はピンキリです。報酬体系によっても変わってくるでしょう。

弊社の代表は過去に時給5,000円のマーケターとして、業務委託として2年間稼働していた経験があり、これがひとつの相場かもしれません。

月額にすると、100時間の稼働で50万円です。さらに仲介業者に30%支払う必要があるので、トータルで65万円/月の費用がかかります。

稼働時間を減らして、報酬を抑えることも可能ですが、それでも月額15万円は最低でもかかるでしょう。

月額1万円で利用できるWebマーケティング顧問「壱万円顧問|キュリーサポート」を始めました

本当にマーケティングの力を必要としているのは、中小企業や個人店です。しかし、中小企業と個人店の予算でマーケティング人材と繋がるのは至難の技です。

そこで、弊社は月額1万円でWebマーケティングをサポートする顧問サービス「壱万円顧問|キュリーサポート」を開始しました。「壱万円顧問|キュリーサポート」を利用すれば、SEO、MEO、SNS、広告など幅広いWebマーケティングのサポートを受けることができます。

中小企業や個人店が税金のことで、顧問税理士に頼るのと同じ感覚で、Webマーケティング顧問をご利用いただけますと幸いです。顧問税理士の金額を強く意識したサービスになっています。

Webマーケティングの壱万円顧問|キュリーサポート

月額1万円でWeb集客の課題をすべて解決

SEO/MEO/SNS/広告。Web集客に必要な全ての知識を兼ね備えたマーケティングの専門家がいつでも、お悩みを解決します。

1日333円あたりの費用で、Webマーケティングのお悩みをご相談可能です。

集客方法
シェアする
荒井 勇太@WEBマーケティング顧問をフォローする
株式会社キュリー
タイトルとURLをコピーしました