お金・仕事

QRコード決済の比較!仕組みやデメリットを解説!

QRコード決済の比較!仕組みやデメリットを解説!手数料が気になるオーナーも必見!

QRコード決済は各社、キャンペーンを通じて推しています。

しかし、言わずもがな増えすぎです。

結局どの企業のQRコード決済が良いのでしょうか。

そこで当記事はQRコード決済比較します。

QRコード決済を導入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

目次

おすすめのQRコード決済について消去法で考える 

「QRコード決済のおすすめはどれなの?」

と聞かれることも多くなってきました。

しかし、正直なところおすすめのQRコード決済はキャンペーンなどの時期によって全く異なります。

そこで、種類の多いQRコード決済を消去法で見ていきましょう。

  • 「PayPay」はチャージできない口座がある
  • 「LINE Pay」はカード決済できない
  • 「Origami Pay」は資本力が弱い
  • 「楽天ペイ」はキャンペーンが弱い

それぞれの項目について解説していきます。

「PayPay」はチャージできない口座がある

「PayPay」は銀行口座からのチャージを使わないと、還元率がかなり下がります。

例えばクレジットカードを通じてPayPayを使うと、還元率は通常の1.5%から0%になってしまいます。

よって「PayPay」を利用するなら、銀行口座と結びつけて利用したいところです。

しかし、「PayPay」は利用者の多いであろう三菱UFJ銀行からのチャージに対応していません。

以前までは三菱UFJ銀行をご利用の方は「Yahoo!マネー」にチャージして利用することができましたが、「Yahoo!マネー」が終了してしまいました。

終了に伴い「Yahoo!マネー」から支払っていた方は、限定的に三菱UFJ銀行でチャージ可能ですが、これから始める方は対応していません。

三菱UFJ銀行の口座を使わざるを得ない方は、「LINE Pay」のオートチャージ機能がおすすめです。

「LINE Pay」はカード決済できない

「LINE Pay」のオートチャージ機能はたしかに便利です。

しかし「LINE Pay」はカードを通じた決済ができません。

「PayPay」や「Origami Pay」ならそれができます。

ただし「PayPay」の場合は、ヤフーカードでなければポイントがつきません。

カードを通じて、QRコード決済したい方は「Origami Pay」をおすすめします。

「Origami Pay」は資本力が弱い

「Origami Pay」はご利用で、会計から2%OFFになります。(※キャンペーン中は3%オフです)

他のQRコード決済はポイント還元なので、次回以降にまた買い物をしなければいけません。

また「Origami Pay」はお得なキャンペーンも頻繁に開催されます。

しかし、「Origami Pay」は他のQRコード決済会社に比べて資本力が弱いです。

「PayPay」にいたっては、ソフトバンクグループからの出資をうけて、資本金が920億円までに増えました。

<参照:(プレスリリース)第三者割当増資の実施について

「Origami Pay」を運営する「株式会社Origami」の資本金42.5億円です。

「Origami Pay」は素晴らしいサービスを提供していますが、資本力の差が徐々に現れてしまうでしょう。

「楽天ペイ」はキャンペーンが弱い

「楽天ペイ」は早くから広く普及していたこともあり、大きなキャンペーンを打っている印象がありません。

また還元率も0.5%と決して高いものではないでしょう。

たしかに楽天のサービスをたくさん利用している方にとっては、いつものポイントが貯まるので魅力的です。

しかし楽天のポイントを貯めておらず、新しくQRコード決済デビューするのであれば「楽天ペイ」を選ぶ必要はないでしょう。

QRコード決済の種類と比較

主要なQRコード決済は以下の通りです。

  1. PayPay
  2. LINE Pay
  3. 楽天ペイ
  4. メルペイ
  5. d払い
  6. Origami Pay
  7. pixiv PAY
  8. pring
  9. PAY ID
  10. ファミペイ
  11. Amazonペイ
  12. auPay
  13. ゆうちょPay

すべてを比較するのは難しいので、以下の切り口から比較していきましょう。

  • 支払い(チャージ)方法で比較
  • キャンペーンやポイント還元で比較
  • 対応のカードブランドで比較
  • 日本におけるシェアで比較
  • 大きな買い物で使うときの比較
  • 使えるコンビニで比較
  • 中国のQRコード決済の比較
  • 他社との連携を比較
  • 加盟店数で比較

それぞれ詳しく解説します。

支払い(チャージ)方法で比較

おすすめの支払い方法があるのは、「Origami Pay」です。

「Origami Pay」はQR決済するにあたってカードもしくは、銀行口座から支払うことができます。

「PayPay」も、カードだけでなく銀行口座から支払うことができますが、Yahoo!マネーやYahoo!ウォレットへの登録が面倒です。

「LINE Pay」は銀行口座からのみで、カード払いには対応していません。

ただし、「LINE Pay」はオートチャージに対応しているのでそこまで不便に感じることはないでしょう。

キャンペーンやポイント還元で比較

ポイント還元が多いのは「LINE Pay」です。

ランク(マイカラー制度)に応じて、0.5%から2%の還元があります。

ただし2%の還元を受けるには1ヶ月で100,000円以上、LINE Payで支払わなければいけません。

一方、「PayPay」は基本の還元率が3%から1.5%に下がりました。

また「〇〇回に1回の確率で〇〇円まで戻ってくる」抽選企画の「PayPayチャンス」は常時ではなく不定期開催となっています。

つまり、キャンペーンやポイント還元のお得さだけでQRコード決済を決めるのは難しいです。

毎月、キャンペーン内容が異なるので、毎月お得なQRコード決済が変わります。

対応のカードブランドで比較

カードブランド QRコード決済
VISA  d払い、楽天ペイ、PayPay、Origami Pay 
MasterCard  d払い、楽天ペイ、PayPay、Origami Pay
JCB  d払い、楽天ペイ、PayPay 
AMEX d払い 、楽天ペイ

対応しているカードブランドで決めるなら「d払い」か「楽天ペイ」をおすすめします。

「LINE Pay」に関しては、銀行口座からチャージするタイプのQRコード決済なのでカードは対応していません。

「PayPay」は「AMEX」には対応していませんが、国内主要3ブランドに対応済みです。

オーナーの方は現在、決済手数料が無料の「PayPay」も魅力的でしょう。

日本におけるシェアで比較

シェアランキング QRコード決済
1位  LINE Pay 
2位  PayPay 
3位  楽天ペイ 
4位  d払い 
5位  メルペイ
6位  au PAY
7位  Origami Pay
8位  ゆうちょPay
9位  QUOカードPay
10位  Amazon Pay

<参照:ICT総研|市場調査・マーケティングカンパニー

こちらは2019年の7月に発表された最も利用されているQRコード決済に関する調査です。

LINE PayとPayPayはほぼ横並びとなっています。

大きな買い物で使うときの比較(決済額の上限)

QR決済 1回あたり 過去30日間
PayPay  20,000円(24時間以内)  50,000円
LINE Pay  1,000,000円 上限なし
楽天ペイ  500,000円(コンビニは4,000円まで) 上限なし 
d払い  カードの利用限度額に準じる 
Origami Pay 1,000,000円  上限なし

いずれも本人確認が前提です。

本人確認をしないと、金額はかなり減ってしまうので必ず設定するようにしましょう。

なお「PayPay」は銀行口座からのチャージの場合(PayPayマネー)、500万円まで入れておくことができます。

さらに「PayPay残高」からは、200万円(過去24時間)まで支払い可能です。

「PayPay」を使って大きな買い物をされる方はあらかじめ、銀行口座からチャージすると良いでしょう。

いずれにしても、大きな買い物で使用するときは上限金額の大きい「LINE Pay」か「Origami Pay」がおすすめです。

使えるコンビニで比較

大手主要コンビニ 使用できるQR決済
セブンイレブン  PayPay、LINE Pay、メルペイ、Alipay、WeChatPay
ファミリーマート PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、ファミペイ
ローソン  PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、 Origami Pay、メルペイ、QUOカードPay、auPay

コンビニで使えるQRコード決済はローソンが多いです。

さらにローソンでは中国のQRコード決済「Alipay」と「WeChatPay」まで使うことができます。

いずれにせよ、「PayPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」「d払い」のどれかを選んでおけば、コンビニにおけるQR決済はほとんど困りません。

中国のQRコード決済の比較

「Alipay(アリペイ)」と「WeChatPay」は中国の2大QRコード決済です。

中国人の顧客を多く抱えるオーナーは知っておくと便利でしょう。

「Alipay(アリペイ)」に対応している日本のQRコード決済は「PayPay」と「Origami Pay」です。

「WeChatPay」は「Coiney(コイニー)」「モバイル決済 for Airレジ」のようなサービスが対応しています。

また「LINE Pay」加盟店でも利用可能になりました。

「Coiney(コイニー)」や「モバイル決済 for Airレジ」は様々なキャッシュレス決済を簡単に導入できるサービスです。

QRコード決済とはまた違うので、注意しましょう。

中国のQRコード決済に対応したいというニーズに応えるのであれば、「Alipay(アリペイ)」に対応している「PayPay」や「Origami Pay」がおすすめです。

「Alipay(アリペイ)」の中国における総決済金額はNo.1です。

他社との連携を比較

「LINE Pay」は「メルペイ」と連携していきます。

「PayPay」は中国の「Alipay(アリペイ)」と提携しました。

ユーザー視点で考えると、「LINE Pay」と「メルペイ」が便利でしょう。

「メルペイ」は「iD」のマークがあるところでも利用できるので多くのお店で使えます。

オーナー視点で考えると、「Alipay(アリペイ)」が利用できる「PayPay」は非常に魅力的です。

「PayPay」を導入すれば、中国人向けの販売機会を逃しません。

加盟店数で比較

PayPay  非公表 
LINE Pay  100万店舗※2018年11月時点 
Origami Pay  145万店舗 
楽天ペイ  非公表

加盟店数が多いのは、「Origami Pay」です。

もちろん「PayPay」や「楽天ペイ」の方が多い可能性もありますが、公表されていないので確かではありません。

また「楽天ペイ」は「楽天Edy」が使えても、QRコード決済できるとは限らないので、意外に利用可能店舗は多くないでしょう。

「LINE Pay」にいたっては、「QUICPay」と連携することで、100万店舗突破しました。

しかし、連携に対応しているのは「Android端末」のみです。

そして厳密にいうと、その方法はQRコード決済ではありません。

「LINE Pay」はQR/バーコード支払いすることで、ポイントの還元率があがるキャンペーンを行なっています。

だからこそ、QRコード決済であるかどうかは非常に重要なのです。

QRコード決済の選び方

QRコード決済の選び方について2つの側面から見ていきましょう。

  • ユーザー側は自分のよく行く店で使えるかどうかを確認
  • オーナー側は手数料、入金サイクルをチェック

まずはユーザー側からお伝えします。

ユーザー側は自分のよく行く店で使えるかどうかを確認

QRコードを使って買い物したいと考えている方は、自分のよく行く店で使えるかどうかを確認しましょう。

たとえ、お得なキャンペーンが展開されていたとしても、いつもの店で使えないのでは意味がありません。

キャンペーンに乗せられて、無駄な出費が増えるだけです。

またセキュリティ面に関しては、そこまで慎重になる必要はないでしょう。

不正利用されるのには原因がありますし、万が一不正利用されても基本的に補償があります。 

オーナー側は手数料、入金サイクルをチェック

QRコード決済を導入したいオーナーが重要視することはやはり手数料でしょう。

QRコード決済の導入をお考えの方は、あらかじめ確認することをおすすめします。

業態によっては入金サイクルも確認すると良いでしょう。

オーナー側の決済手数料が安いのは「LINE Pay」と「PayPay」です。

「LINE Pay」は2021年7月まで無料となっています(8月以降は2.45%)。

「PayPay」は2021年9月30日まで無料です(その後は未定)。

そして入金サイクルの速さでは「PayPay」をおすすめします。

「PayPay」は最短翌日の入金です(ジャパンネット銀行以外は翌々営業日)。

「LINE Pay」は銀行口座への振込が最短3営業日となっています。

いずれにしても、入金サイクルはかなりはやいです。

QRコード決済の使い方

QRコード決済の使い方を以下の観点からお伝えします。

  • QRコード決済にあたって用意するもの
  • お店での使い方
  • チャージしなくても使える

順番に解説します。

QRコード決済にあたって用意するもの

QRコード決済を利用するにあたって必要なものは以下の通りです。

  1. スマートフォンとアプリ
  2. カード払いもしくは銀行口座

QRコード決済はカード払いか銀行口座に入っているお金を使ってアプリ内のお財布に送金(チャージ)します。

ただし、QR決済業者によってそれぞれチャージ方法が異なるので注意が必要です。

また業者によっては「何円以下になったら何円オートチャージ」のように設定できるところもあります。

お店での支払い方法

支払い方法はお店によって異なり、2種類です。

店員にバーコードを読み取ってもらう方式と、こちらからバーコードを読み取る方式があります。

お店の人に「PayPayで」のように伝えると、案内してくれますのでそれに従うようにしましょう。

また残高が足りないと決済できないので、支払い前に確認しておくことをおすすめします。

そして当たり前ですが、お店が対応していないQRコード決済は使用できません。

チャージしなくても使える

「LINE Pay」は例外ですが、QRコード決済はクレジットカードと連携することで、そのまま決済できます。

つまり、チャージなしでも使えるということです。

またクレジットカードを経由することで、カードのポイントも貯まります。

しかし「PayPay」に関しては、クレジットカードを経由するとQR自体のポイント還元率が3%から0.5%まで下がってしまうので注意が必要です。

いずれにしてもわざわざチャージして使うのが面倒という方は、ぜひカードを連携して使用しましょう。

QRコード決済の仕組み

以下の切り口からQRコード決済の仕組みについて見ていきましょう。

  • QRコード決済技術は仮想のお財布のようなもの
  • QRコード決済企業の儲けの仕組み

それぞれの仕組みについて解説します。

QRコード決済は仮想のお財布のようなもの

各々のQRコードを「お財布」のように考えていただくと良いでしょう。

その仮想の「お財布」を通じて、お金をやり取りすることができます。

もちろんQRコード決済はシンプルに「お財布」なのでお店だけでなく、友達同士の送金も可能です。

友達同士の送金は割り勘の時にお金を引き出す必要がありません。

現金同様に前もって支払うこともできますし、後日支払うこともできます。

QRコード決済の仕組みは深く考えずに、シンプルに携帯端末の中に入っている「お財布」と考えておけば難しくないでしょう。

QRコードのお財布からリアルな銀行口座にお金を移動させることも可能です。

QRコード決済企業の儲けの仕組み(マネタイズ・ビジネスモデル)

基本的にはオーナー側の決済手数料が儲けの仕組みです。

しかし、期間限定とはいえどオーナー側の決済手数料を無料にしている企業もあります。

手数料以外のビジネスモデルはどうなっているのでしょうか。

  1. アプリ広告収入
  2. 購買データの活用・売買
  3. 現金化の際の手数料

このようなマネタイズ方法が予想できます。

いずれにせよ、現在のQRコード決済は収益化の段階ではありません。

数年は赤字で、快適なサービスを提供してくれるでしょう。

QRコード決済のデメリット

QRコード決済のデメリットが気になる方も多いでしょう。

以下のようなデメリットが思いつきます。

  • 不正利用が多い?
  • 被害が補償されない?
  • 充電やインターネットへの接続がないと使用できない
  • 以外と面倒くさい
  • 乱立している
  • 実際は使えないのに、使えると表記している店もある

それぞれのデメリットについて確認していきましょう。

不正利用が多い?

不正利用されてしまうパターンは以下のようなものが想定できます。

  • スマホを紛失・盗難し、操作されQRコード決済されてしまう
  • カード情報が勝手に登録されてしまう
  • QRコードのすり替え(オーナー側のリスク)

それぞれの不正利用パターンについて解説します。

スマホを紛失・盗難し、操作されQRコード決済されてしまう

このパターンはスマホにロックがかかっていれば防げる不正です。

アプリにも各々、パスワードをつけられるのでよりセキュリティ強度を高めることもできます。

この不正はあくまでも物理的なものなので、QRコード決済の欠陥ではありません。

同じことは実際のお財布でも起こります。

実際のお財布にはパスワードがかけられないので、かえってQRコードのほうが安全と言えるでしょう。

カード情報が勝手に登録されてしまう

このパターンはPayPayで当初問題となりました。

これはQR決済を利用しない方でも起こり得るリスクです。

しかしそもそもカードが勝手に登録されて、利用されてしまうのには原因があります。

それは最初からセキュリティコード含む、カード情報が漏れてしまっているということです。

QRコード決済を利用したからといって情報が漏洩したというわけではありません。

QRコード決済に登録したカード情報が漏れる可能性はゼロではありませんが、街の買い物でのカード決済にも同じリスクがあります。

不正利用に対しては、カード会社による補償があるので過度に心配する必要はないでしょう。

QRコードのすり替え(オーナー側のリスク)

オーナーがQRコード決済を導入するにあたって、特別な機器を用意する必要はありません。

紙に印刷したQRコードを読み取ってもらうだけで、決済が完了するので導入コストが低く大変便利です。

しかしその便利さを逆手にとって、店のQRコードと自分のアカウントのQRコードをすり替えるという不正が実際に発生しています。

この対策としては、決済履歴の確認等、オペレーションに工夫が必要です。

QRコード決済を導入予定のオーナーは、ぜひあらかじめオペレーションを考えておきましょう。

被害が補償されない?

万が一不正利用された場合でも、被害は補償されないと考える方もいます。

しかし、不正利用は補償されるので心配いりません。

端末を紛失した場合は、直ちにQRコードの決済業者に連絡しましょう。

また端末が使用できないよう、遠隔操作によるロックが必要です。

必要な措置をとることで、被害の補償対象となります。

またカード払いの不正利用に対しても、カード会社の規約の範囲内で補償されるので心配いりません。

充電やインターネットへの接続がないと使用できない

QRコード決済は充電切れや、通信障害時に使用できないので過度の依存は厳禁です。

特に心配なのは、災害時の停電への対応でしょう。

一見すると、QRを読み取るだけなので使用できるように感じます。

しかし、インターネット通信によって決済を行うのでネットに繋がらなければ利用できません。

QRコード決済は災害時に弱いということを知っておきましょう。

ただし、停電時はATMも利用できない可能性が高いので日頃から緊急時の現金を用意しておくのがベストです。

以外と面倒くさい

正直な話、QRコード決済よりも他のキャッシュレス決済の方が便利です。

QRコード決済はアプリを立ち上げ、コードを読み取る必要があるので、少し手間がかかります。

ネットの調子がわるいとレジ前でモタモタしてしまうこともあるでしょう。

ただし、QRコード決済はオーナー側が導入するにあたってのメリットがたくさんあります。

現金しか利用できない店舗よりも、QRだけでも利用できる店舗の方がはるかに価値があるのは言うまでもありません。

乱立している

QR決済サービスが数え切れないほど乱立しています。

乱立することによって、使用店舗の確認が非常に面倒です。

しかし「LINE Pay」とメルカリの「メルペイ」は連携します。

今後もこの2社だけでなく統合の流れが加速することに期待しましょう。

実際は使えないのに、使用可と表記している店もある

「PayPayが使える」と書いてある店なのに、実際に使えないことがありました。

店員に理由を聞くと、「ぐるなび」や「ホットペッパーグルメ」の人が勝手に載せてしまったとのことです。

「QRコード決済が使える」と記載があっても大手ショップ以外は信用してはいけません。

個人経営の居酒屋等でQRコード決済を利用する際は、実際に確認することをおすすめします。

QRコード決済のメリット

QRコード決済のメリットは以下の通りです。

  • オーナー側が簡単にキャッシュレス決済を導入できる
  • キャンペーン中はお得

それぞれのメリットについて解説していきましょう。

オーナー側が簡単にキャッシュレス決済を導入できる

必要ないと言い切る方もいますが、QRコード決済のメリットはオーナー側が最も大きいです。

通常、現金以外の支払い方法を増やす場合は専用端末が必要となります。

またその専用端末は使用しているレジと互換性がないことも多いです。

しかしQRコード決済はスマホさえあれば誰でも簡単に導入することができます。

オーナーがQRコード決済を導入してくれさえすれば、今までカード払いできなかった店でも事実上それが可能となるのです。

QRコード決済ならカードを通じた決済もできます。

キャンペーン中はお得

わざわざスマホを出して、通信して決済を行うのは正直面倒です。

しかし、なんだかんだいってQRコード決済のキャンペーンはかなりお得になります。

キャンペーンで10%還元されることも多いです。

少しの手間さえ我慢すれば、お得なので使わなければ損になります。

キャンペーン中だけ使うというスタイルでも問題ないでしょう。

日本でQRコード決済は普及するのか?

日本でQRコード決済は普及しないでしょう。

  • 海外のQRコード決済事情
  • 日本でQRコード決済が普及しない理由
  • 今、日本でQRコード決済を使うメリット

海外(中国)のQRコード決済事情と比較して、その理由についてみていきましょう。

海外のQRコード決済事情

QRコード決済が大きく発展した国は中国です。

発展した理由には以下のようなものがあります。

  1. カード払いできる人が少ない
  2. 偽札が多い
  3. スマホを所有している人が多い
  4. 「Alipay」や「WeChat Pay」を使うと信用スコアがあがる
  5. 入金しておくだけで4%以上の利子がつく

これらの理由から中国での主要な決済としてQRコード決済が選ばれました。

対して、日本の場合はどうでしょうか。

日本でQRコード決済が普及しない理由

日本でQRコード決済が普及しない理由は、現金の信用が高いからです。

また日本は学生でもカードを持つことができます。

面倒なQRコード決済よりもカード決済を選ぶ方も多いでしょう。

さらに日本人の中には、便利なカード払いでさえ敬遠する方も一定多数います。

そしてQRコード決済サービスが乱立しすぎて、どれを選べばいいかもわかりません。

以上の理由からこのままでは、日本のQRコード決済が普及するのは難しいでしょう。

今、日本でQRコード決済を使うメリット

実際にQRコード決済が普及するかどうかはわかりません。

しかし普及前だからこそ、QRコード決済を使うメリットは大きいです。

QRコード決済は、国や企業が普及しようと力を入れています。

普及のために、これまでも数々のキャンペーンが実施されてきました。

今後もしばらくはこの流れが続くでしょう。

2020年のオリンピックまでがチャンスです。

2021年以降はオーナー側の手数料が無料でなくなるとともに、大きなお得なキャンペーンも少なくなっていくでしょう。

  1. セキュリティに関して過度の心配は要らない
  2. それぞれの良さがあるなかで基本的には「PayPay」か「LINE Pay」がおすすめ
  3. 充電やインターネットへの接続がないと使用できない
  4. お店への支払いだけでなく、友達同士の送金も可能

QRコード決済はどのサービスがおすすめ?


この記事を書いた人
ユータアライ
ユータアライ
キュリーの編集長兼代表です。小さなブログからスタートし、会社になってしまいました。商品やサービスの比較ならお任せください!

皆さまのご意見・口コミ

  1. アバター QR mania より:

    ポイントで還元されてもお得感ゼロ。決済時に引かれてるOrigamiが嬉しい。あと、中国や台湾への旅先でも使えるようになるらしいし、Origamiが普及してくれると嬉しい。

    4+

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。