ガジェット・エンタメ

スマートウォッチの比較|Apple WatchとAndroid Wear(Wear OS by Google)はどっちがおすすめ?レンタルもできる!

スマートウォッチの比較!「Apple Watch」と「Android Wear(Wear OS by Google)」はどっちがおすすめ?

「ロレックス、タグホイヤー、フランクミュラー、ウブロ」

憧れの高級腕時計ブランドは多いです。

しかし、スマートウォッチの人気も侮れません。

そこで当記事はスマートウォッチ比較します。

「Apple Watch」や「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」でお悩みの方はぜひ、参考にしてみてください。

また「Apple Watch」に関してはレンタルサービスもあります。

レンタルサービスで「Apple Watch」を試してみたい方は、「KARITOKE(カリトケ)」も要チェックです。

「Apple Watch」と「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」の比較

「Apple Watch」と「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」はスマートウォッチとして基本的にできることがほとんど同じです。

したがってスマートウォッチの選び方もとてもシンプルです。

iPhoneユーザーの方は「Apple Watch」をおすすめします。

Androidのユーザーは「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」を選びましょう。

いずれにしてもBluetoothによる互換性がありますが、使いやすさが異なります。

スマートウォッチはスマホと連携することで、真価が発揮されるデバイスです。

スマートウォッチを選ぶときは必ず、普段お使いのスマホに合わせるようにしましょう。

  • OS(オペレーションシステム)
  • 使いやすさ
  • 充電の長さ
  • カスタマイズ性
  • ブランド力

わずかな違いとして上記を比較していきます。

オペレーションシステム

「Android Wear」は「Wear OS by Google」という名称に変わりました。

「Wear OS by Google」はスマートウォッチで使用されているオペレーションシステムのことです。

「Apple Watch」では「Watch OS」というオペレーションシステムが使用されています。

「Watch OS」を使用しているスマートウォッチは「Apple Watch」以外にありません。

「Wear OS by Google」を使用しているスマートウォッチは数えきれないほどあります。

それにも関わらず、「Wear OS by Google」を使用しているGoogle製のスマートウォッチ「Pixel Watch(仮称)」は開発段階です。

よって当記事では「Apple Watch」との比較という便宜上、「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」と記載しました。

本来であれば、「Wear OS by Google」の比較対象として正しいのは「Apple Watch」ではなく「Watch OS」です。

使いやすさ

体感的な話ではありますが、「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」よりも「Apple Watch」の方がサクサク動きます。

またいくらスマートウォッチとはいえど、アプリのダウンロードや設定だけはスマホを使って行いたいです。

そのアプリのダウンロードや設定は「Apple Watch」の方が便利でした。

「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」はスマホ経由でアプリがダウンロードできないので、スマートウォッチ本体を使って設定する必要があります。

スマートウォッチでの文字入力が難しいのは言うまでもないでしょう。

よって使いやすさの観点から比較すると「Apple Watch」がおすすめです。

充電の長さで比較

「Apple Watch」の充電はシリーズによって異なります。

最新シリーズの「Series 5」は最大で18時間です。

一方、「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」は各メーカーの端末によって異なりますが「Apple Watch」よりも長い傾向があります。

例えば、Sony「wena wrist pro」は1回の充電で1週間の電池持ちを実現しました。

充電の長さを重視される方は「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」の中から探すことをおすすめします。

また充電が不要なスマートウォッチもぜひチェックしておきましょう。

充電のいらないスマートウォッチ「LunaR」

LunaRは充電不要のスマートウォッチ

スマートウォッチは充電が面倒くさいと考えている方も多いです。

しかし充電が不要なスマートウォッチがあります。

それは「LunaR」です。

「LunaR」はソーラー充電なので、太陽光と自然灯りだけで動きます。

バッテリーが満タンの状態であれば、充電なしで3ヶ月間も使い続けることが可能です。

「Watch OS」でも「Wear OS」でもありませんが、スマートウォッチの基本的な機能は搭載されています。

  1. ソーラーパネル
  2. デュアル・タイムゾーン
  3. 活動計
  4. 日の出・日没
  5. 着信・アプリ通知
  6. 睡眠モニタリング
  7. 目覚まし
  8. 5気圧防水

「LunaR」はこのようにスマートウォッチに必要な基本的な機能が備わっています。

充電が面倒でスマートウォッチを避けている方はぜひ「LunaR」を身につけましょう。

<公式:スマートウォッチなのに充電不要!? 画期的でソーラー充電のLunaR | GLOTURE.JP

カスタマイズ性

「Apple Watch」はバンド部分を別途で購入し、カスタマイズすることができます。

一方、「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」はメーカーの垣根を超えてスマートウォッチを選ぶことが可能です。

しかしバンド部分がカスタマイズできるかどうかは、購入した「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」によって異なります。

「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」を購入するときは、バンド部分がカスタマイズできるかどうか確認しましょう。

バンド部分がカスタマイズできる腕時計を選ぶことで冠婚葬祭にしっかりと対応することができます。

ブランド力

スマートウォッチでも差をつけたい場合は、ハイブランドのものがおすすめです。

「Apple Watch」は「エルメス」とのコラボ商品があります。

「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」では「タグホイヤー(コネクテッド モジュラー)」と「ルイ・ヴィトン(タンブール ホライゾン)」「ブライトリング(エキゾスペース B55)」が有名です。

ハイブランド好きの方はぜひ、高級スマートウォッチもご検討いただくと良いでしょう。

KARITOKE(カリトケ)でレンタル

KaritokeでApple Watchをレンタル

Apple WatchをレンタルできるKARITOKE(カリトケ)というサービスがあります。

KARITOKE(カリトケ)はApple Watchを含めた様々なブランド腕時計をレンタルできる月額制のサービスです。

Apple Watchやブランド腕時計に興味のある方は、ぜひチェックしておきましょう。

  • KARITOKE(カリトケ)のサービス概要
  • 安心キズ保証
  • Apple Watchのレンタルサービスについて
  • KASHITOKE(カシトケ)のサービス概要
  • 実店舗もある

それぞれの項目について解説していきましょう。

KARITOKE(カリトケ)のサービス概要

KARITOKE(カリトケ)は4つの料金プランが用意されています。

料金(税抜) プラン 
3,980円  casual plan 
6,800円  standard plan 
9,800円  premium plan 
19,800円 executive plan 

高い料金プランであればあるほど、より高価なブランド腕時計を身につけることが可能です。

例えば最上級プランのexecutive planでは、定価100万円前後のラインナップが豊富に用意されています。

もちろん最安値プランのcasual planであっても、「HERMES」や「GUCCI」のような有名ブランドが用意されているので十分にお楽しみいただくことができるでしょう。

KARITOKE(カリトケ)は高級腕時計を気軽に試してみたい方や、様々なブランドを身につけてみたい方におすすめです。

安心キズ保証

高級腕時計をレンタルするとなると、傷をつけてしまうのではないかと心配になるでしょう。

しかし KARITOKE(カリトケ)は安心キズ保証が月額料金に含まれているので過度な心配は要りません。

安心キズ保証が通常使用で生じるキズ・汚れ・故障・破損をカバーしてくれます。

ただし故意に壊したと認められた場合は保証されないので注意が必要です。

もっともレンタルではなくブランド腕時計を購入した場合でも同じような注意が必要となります。

安心キズ保証がある分、気軽にブランド腕時計を楽しむことができるでしょう。

Apple Watchのレンタルサービスについて

Apple Watchのレンタルサービスは月額3,980円(税抜)のcasual planでお楽しみいただけます。

レンタルできる機種はひとつ前のSeries4ですが、使用感を確かめるには十分でしょう。

Apple Watchの場合、単価がそこまで高くないので、ずっとレンタルしておくのは合理的ではありません。

Apple Watchの使用感を確かめるための利用がおすすめです。

レンタルには「買わなきゃよかった」という購入後の後悔がありません。

KASHITOKE(カシトケ)のサービス概要

KARITOKE(カリトケ)だけでなく、KASHITOKE(カシトケ)というサービスもあります。

KASHITOKE(カシトケ)は使っていないブランド腕時計を貸し出し、キャッシュバックが受けられるサービスです。

基本的にはKARITOKE(カリトケ)で取り扱いのあるブランド時計であれば貸し出すことができます。

そしてキャッシュバック金額は、貸し出した腕時計の登録プラン次第です。

プラン  キャッシュバック内容
casual plan  1,000コイン/月 
standard plan  1,500コイン/月 
premium plan  2,500コイン/月
executive plan  5,000コイン/月

キャッシュバックはコインですが、1コイン=1円で指定の口座に振り込んでもらえるので、問題ありません。

また万が一、破損等があっても損害賠償請求できるルールとなっているので、KASHITOKE(カシトケ)を利用するうえでの心配は特にないでしょう。

ただし最低お預かり期間が6ヶ月なので、注意が必要です。

6ヶ月以上借りられてしまうリスクもありますが、KARITOKE(カリトケ)利用者の約7割が3ヶ月以内に商品交換しています。

実店舗もある

KARITOKE(カリトケ)やKASHITOKE(カシトケ)はWEBだけでなく実店舗でのレンタルサービスもあります。

  1. 有楽町マルイ(東京)
  2. なんばマルイ(大阪)

実店舗でのレンタルなら、サイズも調整しやすいでしょう。

また実物を見ながらレンタルする時計を選べるので、自分のファッションとも合わせることができます。

貸す場合においても、実店舗であればスムーズです。

お近くにお住まいの方はぜひ、実店舗のご利用もご検討ください。

KARITOKE(カリトケ)|公式

スマートウォッチの使い道

「そもそもスマートウォッチって何に使うの?」という方も多いでしょう。

  • スマホのプッシュ通知の確認
  • キャッシュレス決済
  • ランニングやトレーニング時に活躍
  • 部屋の中のスマホを探す
  • 時計で見栄を張らなくて済む

全機能は紹介しません。

あくまでもスマートウォッチ歴3年の筆者が今でも使用している機能だけに絞りました。

スマホのプッシュ通知の確認

スマホと連携することで、スマートウォッチの画面にもプッシュ通知が届きます。

スマホの場合はポケットやカバンの中に入れることが多いので、プッシュ通知に気づかないことも多いでしょう。

しかし、スマートウォッチなら「ブルッ」と振動するので、手元ですぐに確認可能です。

着信も見逃すことがありません。

手元でLINEも返せます。

この機能があるからこそ、スマートウォッチはスマホと連携しなければ意味がありません。

キャッシュレス決済

スマートウォッチがあれば、おさいふケータイとして使えます。

iDやQUICPayだけでなくSuicaも使用可能です。

Apple製デバイスを通じたiD、QUICPay、Suicaの決済機能は通称「Apple Pay」と呼ばれています。

「Apple Pay」を利用するにあたって、必要なのはクレジットカードのみです。

スマートウォッチによるキャッシュレス決済は現在、「Apple Watch」のみ対応しています。

スマートウォッチを使った「Google Pay」はまだ日本で、使用することができません。

ランニングやトレーニング時に活躍

「タイマー機能、音楽操作、心拍数の計測、消費カロリーの計測」

これらの機能はランニングやトレーニング時に大活躍します。

瞑想も初期アプリの中に含まれているので、興味のある方はぜひご活用いただくといいでしょう。

運動とスマートウォッチの相性は抜群です。

部屋の中のスマホを探す

スマートウォッチからスマホの音を鳴らすことができます。

部屋の中でスマホがなくなってしまう方も多いでしょう。

マナーモード関係なく、音を鳴らしてくれるのですぐにスマホが見つかります。

ただしBluetooth接続の範囲内で機能するので、電源のオフや機内モード、遠すぎるときは作動しません。

時計で見栄を張らなくて済む

スマートウォッチは、お金持ちも身につけます。

今やお金持ちが身につけるのは、高級ブランドの腕時計だけではありません。

またスマートウォッチを身につけることで、最先端思考でインテリジェンスなイメージも演出できます。

高級腕時計マウントに疲弊気味の方は、ぜひスマートウォッチを選びましょう。

見栄を張らなくて済むので、かなりお得です。

スマートウォッチのラインナップ

スマートウォッチのラインナップについて見ていきましょう。

  • 「Apple Watch」のラインナップ
  • 「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」のラインナップ
  • 「Tizen Watch」もある

「Apple Watch」と「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」を分けて、ご紹介します。

「Apple Watch」のラインナップ

現在、Appleから正式に販売されている機種は以下の通りです。

  • 「Apple Watch Series3」
  • 「Apple Watch Series4」
  • 「Apple Watch Series5(2019年9月20日発売)」

それぞれの特徴について見ていきましょう。

「Apple Watch Series3」

Series3 GPS + Cellularモデル GPSモデル
価格(税抜) 30,800円から 19,800円から 
サイズ  42mmケース or 38mmケース
薄さ  11.4mm
カラー展開  2色(シルバー、グレイ)
ストレージ  16GB 8GB

「Apple Watch Series4」

Series4 GPS + Cellularモデル GPSモデル
価格(税抜) 56,800円から 45,800円から 
サイズ  44mmケース or 40mmケース
薄さ  10.7mm
カラー展開 3色(シルバー、グレイ、ゴールド)
材質 2種(ステンレス・アルミ)
新機能  転倒検出
ストレージ  16GB

その他シリーズ3と4の違いを簡単にリスト化しましょう。

  • 心拍センサーの精度向上
  • 処理速度が2倍に
  • 傾き検知の精度向上
  • スピーカー音量アップ
  • Bluetooth5.0に

3から4にあたっての改良点は上記の通りです。

大きな、新機能等はありませんが、基本的なスペックが向上しています。

しかし現在、Appleの公式サイトではSeries4の取り扱いがありません。

他のショップ等での取り扱いはありますが、今から購入される方は安くなったSeries3か新発売のSeries5がおすすめです。

「Apple Watch Series5」

Series4 GPS + Cellularモデル GPSモデル
価格(税抜) 53,800円から 42,800円から 
サイズ  44mmケース or 40mmケース
薄さ  10.7mm
カラー展開 3色(シルバー、ブラック、ゴールド)
材質 4種(ステンレス・アルミ・チタン・セラミック)
新機能  常時表示ディスプレイ・コンパス内蔵
ストレージ  32GB

4から5に対する最も大きな改良点は常時表示ディスプレイです。

これまでのApple Watchは手首を傾けることで時計が表示されていました。

Series5は常時表示になったにも関わらず、最大18時間とこれまでと変わりありません。

またコンパスが内蔵されたので、向いている方向までわかるようになりました。

方向音痴の人は、ナビを使ったとしても最初にどちらへ進めばよいかもわからないので嬉しい機能でしょう。

さらにストレージが増えたので音楽もたくさん入れられるようになりました。

そして選べる材質もチタンとセラミックが増えたので、より自分好みの時計にカスタマイズすることができます。

しかしチップに関しては、「S4」から「S5」になりましたが、性能は変わっていません。

Series3から乗り換える人にとっては処理速度が早く感じるはずですが、Series4から乗り換えても劇的な変化を感じることはできないでしょう。

「GPS + Cellular」と「GPS」の比較 

基本的には価格の安い、「GPS」モデルがおすすめです。

「GPS」モデルはWi-Fi環境があれば、問題なく使用できます。

またスマホと一緒に持ち歩けば、スマホの通信を使って操作できるのでWi-Fiも要りません。

一方、「GPS + Cellular」にはスマホがなくても「Apple Watch」の全機能が使えるというメリットがあります。

しかし、端末代が高くなるだけでなく利用するには月額350円(docomoは月額500円)必要です。

便利な「GPS + Cellular」モデルには料金が高くなるというデメリットがあることを知っておきましょう。

「「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」」のラインナップ

「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」で人気のあるラインナップは以下の通りです。

  1. エイスース「ZenWatch」(台湾)
  2. ソニー「wena wrist pro」「Smart Watch3」(日本)
  3. ガーミン「vivomove® HR」(アメリカ)
  4. ノキア / Withings「Steel HR」(フィンランド / フランス)
  5. シチズン「エコ・ドライブ Bluetooth」(日本)
  6. フォッシル「タッチスクリーン スマートウォッチ」(アメリカ)
  7. カシオ「 スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート」(日本)
  8. ニクソン「THE MISSION(ミッション)」(アメリカ)
  9. Mobvoi(モブボイ)「TicWatch Pro」(中国)

「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」はAmazonに並んでいる激安商品ではなく、ある程度有名なメーカーから選ぶようにしましょう。

激安のスマートウォッチはおもちゃ同然ですし、見栄えも悪いです。

ただし、「ファーウェイ」のスマートウォッチはおすすめできません。

日本は中国大手通信機器メーカーの「ファーウェイ」の製品を締め出す予定があるからです。

<参照:アメリカに続き日本もHuawei、ZTE排除の方針。その懸念の真偽と日本企業も被る影響

「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」のスマートウォッチを選ぶ際は上記のメーカーから選んでおけば、安心です。

サムスン「Galaxy Watch」(韓国)は「Wear OS by Google」ではなく「Tizen OS」を使用

サムスンのスマホ「Galaxy」を使用している方も多いでしょう。

スマホの「Galaxy」はAndroidのOSが組み込まれています。

しかし、スマートウォッチの「Galaxy Watch」に限っては「Tizen」という独自のOSです。

「Tizen」のスマートウォッチに関してはあまりおすすめできません。

なぜなら、Tizenはスマホの開発から撤退が決まっているからです。

<参照:サムスンが「Tizen」OS搭載スマートフォンの開発中止を発表 – GIGAZINE

スマートウォッチは基本的にOSをスマホと合わせた方が便利でしょう。

またスマホの次はTizen搭載のスマートウォッチの開発を中止することもあり得ます。

したがって、スマートウォッチをお探しのかたには「Apple Watch」か「「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」」がおすすめです。

  • ご自身のスマホのOSにあわせてスマートウォッチを選ぶのがおすすめ
  • iPhoneユーザーでも「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」を選ぶこと自体は可能、その逆もまた然り
  • スマートウォッチはスマホと連携しなければ意味がない
  • 使いやすいのは「Apple Watch」
  • 充電が長いのは基本的に「Wear OS by Google(旧:Android Wear)」

「Apple Watch」と「Android Wear(Wear OS by Google)」はどっちがおすすめ?


この記事を書いた人
ユータアライ
ユータアライ
キュリーの編集長兼代表です。小さなブログからスタートし、会社になってしまいました。商品やサービスの比較ならお任せください!

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。