コスメ・日用品

プチプラの日焼け止めを比較!最強・敏感肌用・焼けないおすすめ商品はどれ?正しい使い方と選び方について!

プチプラの日焼け止めを比較!最強・敏感肌用・焼けないおすすめ商品はどれ?正しい使い方と選び方について!

毎日暑い日が続きますね〜。

この季節は日焼け止めが必須です。

しかし、忙しい朝に日焼け止めを塗り忘れて家を出てしまい「しくった〜〜!!」って思うことがよくあります。

薬局に駆け込んで市販の日焼け止めを良く買うのですが、製品によって特徴が大きく異なるんですよね。

昨今では多種多様な日焼け止めがあり迷ってしまうので、それぞれの製品の特徴を比較していきます。

日焼け止めの選び方

各製品を比較する前に、まずは日焼け止めの選び方をおさえておきましょう。

日焼け止めを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 部位によって使い分ける
  • SPFとPAをチェックする
  • 肌質に合うものを選ぶ
  • 海やプールではウォータープルーフが必要

それぞれ見ていきましょう!!

部位によって使い分ける

日焼け止めは、使う部位によって使い分けるのがベストです!

基本的に日焼け止めには「顔用」、「からだ用」、「顔・からだ兼用」のものがあります。

顔はからだよりも皮膚が薄く皮脂腺が詰まりやすいので、肌トラブルを防ぐためにも顔専用の物を使うのがおすすめです。

からだは塗る範囲が広いので、大容量で塗りやすいものが良いでしょう。

使い分けるのが面倒な場合や時間がない時には、顔・からだ兼用のものが便利です。

SPFとPAをチェックする

日焼け止めを選ぶ時に気になるのは「SPF」と「PA」の値でしょう。

SPFは日焼けの原因となるUV-B(紫外線B波)を防止する効果を示す数値で、数値が高いものほど効果が高いです。

通勤や通学など日常の外出ならばSPF30以下の日焼け止めでも十分ですが、レジャーやスポーツなど外で長く活動する場合にはSPF50やSPF50+など効果が高めの物を選ぶと良いでしょう。

一方「PA」とはシミやしわ、たるみの原因となるUV-A(紫外線A波)を防止する効果を“+”の数で表します。

“+”の数が多いほど効果が高いです。

「PA+」から「PA++++」まであります。

肌質に合うものを選ぶ

絶対に肌を焼きたくない場合には、効果が強いものを選びたいものですが肌質に合うものを選ぶのも重要です。

敏感肌の方や赤ちゃんには、紫外線吸収剤が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

紫外線吸収剤は、紫外線と化学反応を起こすことで紫外線の影響を和らげてくれます。

しかし、紫外線吸収剤は肌に刺激となってしまう場合があるのです。

肌への負担を低減させたい場合には、紫外線散乱剤が使われている日焼け止めをおすすめします。

海やプールではウォータープルーフが必要

プールや海など、水に濡れる場合にはウォータープルーフの日焼け止めがおすすめです。

プールや海では露出が高まり日に当たる範囲が広く、長い時間日光に当たるので水で簡単に落ちないものを選びましょう。

ウォータープルーフと言っても、絶対に落ちない訳ではなく「落ちにくい」だけですので小まめに塗り直しは必要です。

また汗をたくさんかくレジャーやスポーツでも、流れてしまわぬようウォータープルーフをおすすめします。

プチプラ日焼け止め10選

それでは市販のプチプラ日焼け止めの特徴を比較していきましょう。

薬局やドラッグストアでは以下のような日焼け止めを良く目にします。

  • 資生堂「アネッサ」
  • 「ニベア」
  • 大正製薬「コパトーン」
  • 花王「ビオレ」
  • カネボウ化粧品「アリー」
  • 資生堂「専科」
  • 花王「キュレル」
  • コーセー各種ブランド
  • ロート製薬「スキンアクア」
  • ユースキン

それぞれ見ていきましょう。

最強の日焼け止め「アネッサ」

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

2,270円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

アネッサは、資生堂の日焼け止めです。

絶対に焼きたくない人用から敏感肌用、さらに美白もついでにしたい方向けの日焼け止めまでラインナップが出ています。

ベタつきや被膜感もなく、肌に優しい着け心地です。

白くならずキシキシ感もありません。

SPF50+でPA++++の上、スーパーウォータープルーフという最強の紫外線ブロック力があるので人気です。

SPFとPAが高ければどれも一緒かと思うかもしれませんが、アネッサは数値が高いだけでなく水とこすれにも強いのが魅力でしょう。

それでいて、こすらずとも石鹸で簡単に落とすことができます。

資生堂は紫外線研究100年の歴史があり、製品が進化しているので期待値が高いです。

  パーフェクトUV
スキンケアミルク
パーフェクトUV
スキンケアジェル
パーフェクト
UVスプレー
アクアブースター
パーフェクトUV
マイルドミルク
エッセンスUV
マイルドミルク
ホワイトニング
UVジェルn
(医薬部外品)
SPF 50+ 50+ 50+ 50+ 35 50+
PA ++++ ++++ ++++ ++++ +++ ++++
ウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ ウォータープルーフ ウォータープルーフ
価格 20ml:1,200円 / 60ml:3,000円 / 90ml:3,600円 90ml:2,400円 60g:1,800円 20ml:1,200円 / 60ml:3,000円 20ml:1,200円 / 60ml:3,000円 90g:2,400円

用途に合わせて選べる「ニベア」

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ つめかえ用 125g

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF50/PA+++ つめかえ用 125g

678円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

ニベアからは、お好みや用途に合わせて様々な日焼け止めが出ています。

高保湿しながら強力紫外線カットできるクリームや汗・水に強い高密着ケアのジェル、化粧水感覚で使えるジェルシリーズも人気です。

敏感肌の方向けには紫外線吸収剤が入っていないミルクマイルドもあります。

子供用も出ているので、家族みんなで使えるでしょう。

ライフスタイルに合わせて、使い心地にもこだわられておりベタつき感はゼロです。

価格はオープン価格となっており、希望小売価格が具体的に定められていません。

  クリームケア UVクリーム 高密着ケア UVミルキィジェル ウォータージェルSPF50 ボトル ウォータージェルSPF35 ボトル ウォータージェル こども用 SPF28 プロテクトウォーターミルク マイルド SPF50+
SPF 50+ 50+ 50 35 28 50+
PA ++++ ++++ +++ +++ ++ +++
ウォータープルーフ × スーパーウォータープルーフ × × × ×
価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格

スキンタイプやなりたい肌で選べる「コパトーン」

大正製薬 コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームII

大正製薬 コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームII

720円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

コパトーンは大正製薬の製品です。

コパトーンと言えば綺麗に日焼けできるタンニングシリーズが有名ですが、日焼け止めも充実しています。

1944年に世界初のUVケア製品を発売し、UVケアの基準値である「SPF」を世界で初めて導入したのもコパトーンです。

肌の焼け方は一人一人違い、使い方もライフスタイルによって異なるでしょう。

なりたい肌で選べるキレイ魅せUVカットシリーズやスキンタイプで選べるシリーズ、アフターケア製品まで出ています。

  パーフェクトUVカットキレイ魅せm パーフェクトUVカットキレイ魅せk パーフェクトUVカットジェルクリームⅠ パーフェクトUVカットジェルクリームⅡ パーフェクトUVカットジェルクリームⅢ パーフェクトUVカットスプレー UVカットミルクマイルド
SPF 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 50+ 35
PA ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ ++++ +++

ウォータープルーフ

価格 40g:900円| 40g:900円 40g:900円 40g:900円 40g:900円 50g:900円 40g:900円

ミクロレベルまでムラなく塗れる「ビオレ」

花王のビオレからは、13種類の日焼け止めが出ています。

世界初のミクロレベルまでムラなく塗れる日焼け止めが出ました。

また太陽の下、過酷な環境でも使える「アスリズム」も人気です。

みずみずしく軽い着け心地が好きな人は「アクアリッチ」、親子で使えるマイルドタイプと子供用も出ています。

メイクも崩したくない方には、タイプによって3タイプ出ている化粧下地UVがおすすめです。

サラサラな使い心地が好きな人には4種類から選べる日焼け止めがあります。

これだけたくさんの種類があれば、合うものがきっと見つかるでしょう。

  アスリズム アクアリッチ サラサラUV 親子で使えるUV 化粧下地UV
SPF 50+ 50+ 50+ 50+、30+ 50+
PA ++++ ++++ ++++ ++++、++ ++++
ウォータープルーフ ◯(スプレータイプのみ) ◯(マイルドケアは×) ×

価格

オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格 オープン価格

摩擦で落ちにくくみずみずしいカネボウ「アリー」

アリィー エクストラUVジェル 90g 日焼け止め SPF50+/PA++++

アリィー エクストラUVジェル 90g 日焼け止め SPF50+/PA++++

1,950円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

アリーはみずみずしいジェルが肌を優しく包み込んで高いUVカット効果を発揮してくれます!

2000年に誕生してから様々な開発がなされ2018年にフリクションプルーフ技術が採用されました。

フリクションプルーフ技術とは、日常の擦れや摩擦に強く落ちにくい機能です。

ラインナップは5種類で、どれもSPFは変わらず使い心地で選ぶことができます。

1つでUVカットと保湿、化粧下地、ナチュラルカバーができるBBジェルも人気です。

  エクストラUV ハイライトジェル エクストラUV ジェル エクストラUV パーフェクト エクストラUV フェイシャルジェル エクストラUV BBジェル
SPF 50+ 50+ 50+ 50+ 50+
PA ++++ ++++ ++++ ++++ ++++
ウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ ウォータープルーフ ウォータープルーフ
価格 60g:2,100円 60g:2,100円 オープン価格 オープン価格 オープン価格

ミネラルウォーターで作られた資生堂「専科」

専科ミネラルWUVジェルSPF50

専科ミネラルWUVジェルSPF50

549円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

資生堂「専科」の日焼け止めは、ミネラルウォーターで作られています。

みずみずしく馴染むので人気です。

専科からは、「UVジェル」と「UVエッセンス」という2種類の日焼け止めが出ています。

「UVジェル」は、パウダーが底に沈殿しがちですので使う前によく振ってください。

どちらもコスパが良く、お財布に優しいです。

  ミネラルウォーターで作ったUVジェル  ミネラルウォーターでつくったUVエッセンス
SPF 50 50+
PA +++ ++++
ウォータープルーフ × ×
価格 756円 950円

敏感肌の方は「キュレル」

キュレル UVローション SPF50+ PA+++ 60ml(赤ちゃんにも使えます)

キュレル UVローション SPF50+ PA+++ 60ml(赤ちゃんにも使えます)

1,130円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

花王のキュレルは、乾燥性敏感肌の方向けのスキンケアブランドです。

顔・からだ兼用のものと顔専用の日焼け止めが出ています。

紫外線吸収剤が使用されておらず、アルコールフリーなので肌が弱い方でも安心です。

セラミドケアをそながら繁い線から肌を守ってくれます。

化粧下地としても使えますし、白残りしにくいので使いやすいでしょう。

赤ちゃんの肌にも使うことができる優しさです。

  UVミルク SPF30 【医薬部外品】 UVクリーム SPF30 【医薬部外品】 UVローション SPF50+ 【医薬部外品】 UVエッセンス SPF30 【医薬部外品】
SPF 30 30 50+ 30
PA ++ ++ +++ +++
ウォータープルーフ × × × ×
価格 30ml:1,500円 30g:1,500円 60ml:1,500円 50g:1,500円

多種多様なラインナップがある「コーセー」

スポーツ ビューティ UVウェア (スーパーハード) N 50mL

スポーツ ビューティ UVウェア (スーパーハード) N 50mL

1,800円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

コーセーは様々なブランドから、多種多様な日焼け止めが出ています。

独自の皮膚科学を融合させた化粧品ブランド「プレディア」からは、シーンや特徴の異なる3種類の日焼け止めが出ました。

和漢植物エキスの力で雪のように透き通った肌を目指す「雪肌精」からは、ミルクとジェルの2種類が出ています。

汗をかいても落ちず身体の動きによってもよれない高機能の日焼け止めが良いという方には6種の「スポーツビューティー」シリーズがおすすめです。

持続力の高さが魅力的な「ファシオ」からはミルクとジェル、スプレーの3種類が出ています。

その他「デリカーヌピュアレンス」、「米肌」、「カルテ」などコーセーが展開している様々なブランドから日焼け止めが出ており迷ってしまうでしょう。

自身が使っている化粧品ブランドで揃えたい場合でなければ、日焼け止め単体で選ぶならスポーツビューティーシリーズがおすすめです。

各ブランドの代表的な日焼け止めを表にしておきます。

  プレディア
ホワイトニング D サンプロテクター
雪肌精 ホワイト UV ミルク スポーツ ビューティ UVウェア (スーパーハード) N ファシオ
UVプロテクト ミルク N
SPF 50+ 50+ 50+ 50+
PA ++ ++++ ++++ ++
ウォータープルーフ × スーパーウォータープルーフ
価格 3,500円 3,000円 オープン価格 1,200円

コスパ良し!ロート製薬「スキンアクア」

ロート製薬にも様々なブランドが展開されており、たくさんの日焼け止めが出ているのですが中でも手頃なのは「スキンアクア」シリーズです。

コスパが良く、だいたいどんな薬局やドラッグストアにも置いてあるので日焼け止めを付け忘れて出てきてしまった時などにも重宝するでしょう。

使用感やSPF値、香りなど11種類からお好みを選ぶことができます。

スプレーやミルク、ジェルタイプはどのメーカーからも良く出ていますが直接塗れるスティックタイプがあるのが特徴です。

メイクの上から使えるものもあります。

代表的な5種類を比較しましょう。

  スキンアクア スーパーモイスチャージェル スキンアクア ウォーターマジックUV スキンアクア パーフェクトUVスティック スキンアクア トーンアップUVスプレー スキンアクア サラフィットUV さらさらエッセンス 無香料
SPF 50+ 50+ 50+ 50+ 50+
PA ++++ ++++ ++++ ++++ ++++
ウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ スーパーウォータープルーフ × スーパーウォータープルーフ ×
価格 110g:1,000円/140g:1,200円 70g:
1,200円
10g:
1,000円
70g:1,000円 80g:800円

子供や敏感肌の人の毎日のケアには「ユースキン」

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

747円(08/18 14:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

ユースキンの日焼け止めは、子供の肌や敏感肌を毎日の紫外線から守ってくれます。

ノンケミカル処方で肌に優しいです。

SPFやPAの値は高くないので、普段のお出かけに使うのに良いでしょう。

レジャーやスポーツなど、炎天下に長居する際にはちょっと物足りません。

石鹸で簡単に落とすことができ、潤いも与えてくれる日焼け止めです。

  ユースキンSミルク ブルーナスキンケアリップクリーム
SPF 25 10
PA ++
ウォータープルーフ × ×
価格 オープン価格 オープン価格

日焼け止めの正しい使い方!

日焼け止めの正しい塗り方と注意点も抑えておきましょう!

  • 使用期限を守る
  • こまめに塗り直しをする
  • SPFを組み合わせても効果はUPしない

それぞれ見ていきます。

使用期限を守る

昨年に余った日焼け止めを使ってはいませんか?

私は一夏に使い切れなかった日焼け止めがもったいなくて捨てずにとっておいていたのですが、1度開封したものは早めに使い切るのが良いです。

時間が経つと中身が変質したり日焼け止めの効果がなくなり、肌トラブルを起こすことがあります。

昨年のものは思い切って捨てて、新しく買ったらこまめに使って使い切るようにしましょう。

こまめに塗り直しをする

日焼け止めは出かけに1度塗ったらOKではありません。

何度もこまめに塗り直しが必要です。

2〜3時間ごとに塗り直すのが良いでしょう。

ムラなくしっかり塗るためには重ね塗りもおすすめです。

SPFを組み合わせても効果はUPしない

SPF20のものと、SPF30のものがあったので2つを混ぜればSPF50になるかと言うと・・・なりません。

SPFが違うもの同士を合わせて塗っても、効果はUPしないです。

SPFは活動する場所によって使い分けましょう。

普段用とレジャー用を分けて買っておくと良いですね。

  1. 日焼け止めは部位によって使い分ける
  2. 活動場所によってSPFとPAをチェックし使い分ける
  3. 肌質に合うものを選ぶ
  4. 海やプールではウォータープルーフが必要、最近はスーパーウォータープルーフの製品が出ている
  5. 使用期限は守る
  6. こまめに塗り直しをする
  7. SPFの違うもの同士を合わせて使っても効果はUPしない

おすすめの日焼け止めはどれ?


 

この記事を書いた人
NaNa榎戸
NaNa榎戸
インディーズバンドReptileのベースNaNa榎戸です。 ブロガー、動画配信など様々な活動をしています。

投票の理由を共有しませんか?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です